スマートフォン用の表示で見る

ハッブル

ハッブル Hubble,Edwin Powell (1889‐1953)

アメリカ天文学者.モンタナ州生まれ

主な業績

ハッブルの法則

1929年銀河スペクトルの赤方偏移によってその視線速度と距離との間に一定の比例関係が成立する事を発見、膨張宇宙論の論拠となる。

ハッブルの法則

星の遠ざかる速さVは距離Rに比例する。(V=H_¥circ RH_¥circハッブル定数)

光のドップラー効果(スペクトル中の赤方偏移)から、ほとんどの銀河が我々から遠ざかっており、これが宇宙膨張の直接証拠である。(一様膨張)


リスト::天文学