ハッブル

(サイエンス)
はっぶる

ハッブル Hubble,Edwin Powell (1889‐1953)

アメリカの天文学者.モンタナ州生まれ

主な業績

ハッブルの法則

1929年、銀河スペクトルの赤方偏移によってその視線速度と距離との間に一定の比例関係が成立する事を発見、膨張宇宙論の論拠となる。

「ハッブルの法則」

星の遠ざかる速さVは距離Rに比例する。(V=H_\circ RH_\circはハッブル定数)
光のドップラー効果(スペクトル中の赤方偏移)から、ほとんどの銀河が我々から遠ざかっており、これが宇宙膨張の直接証拠である。(一様膨張)


リスト::天文学

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ