スマートフォン用の表示で見る

フクシマ

地理

フクシマ

ふくしま

福島県の呼称のひとつ。

2011年3月11日東日本大地震による大津波被害に起因する福島第一原発事故において、海外報道で"Fukushima"表記が多用され、これを日本語に再翻訳した際にカタカナ表記での"フクシマ"が当て字とされることが一般的だった。ちなみに福島第一原発の略称はフクイチとされることが多い。

こうした流れから、現在でも現地イベント名などでは、カタカナやひらがなで"フクシマ ふくしま"で表記されることが多い。