スマートフォン用の表示で見る

ヘルマン・ヘッセ

読書

ヘルマン・ヘッセ

へるまんへっせ

Hermann Hesse(1877-1962)

ドイツ詩人小説家。家は牧師の家庭で、神学校に進む。

しかしその神学校も「詩人になれないのなら、何にもなりたくない」と言って脱走したらしい。

その後職を転々として、作家生活に入る。1946年ノーベル文学賞受賞。

彼の「少年の日の思い出」は短編なので、教科書でよく取り上げられている。

晩年は畑作業をこよなく愛したようです。

代表作