スマートフォン用の表示で見る

伊藤博文

社会

伊藤博文

いとうひろぶみ

明治期の政治家。元長州藩士、松下村塾出身。1841年生まれ。

初代内閣総理大臣、初代枢密院議長、初代韓国統監などを歴任。1909年ハルピン韓国安重根に暗殺された。

内閣総理大臣および枢密院議長として大日本帝国の国内体制を整備し、韓国では統監として高宗や大臣たちに、恫喝、威圧、懐柔などの政策で当たり、民族運動を粉砕しつつ、韓国を着実に日本の支配下に置き、大日本帝国体制の基盤を作った政治家明治期の代表的な元老である。

1963年から1984年まで、千円札に肖像が使用された。

第一次伊藤博文内閣には、

総理伊藤博文、内相;山県有朋外相井上馨、大蔵;松形正義司法山田顕義

文部;森有礼、農商務;谷干城逓信榎本武揚陸軍大山巌海軍西郷従道

初代、第5代、第7代、第10代内閣総理大臣大日本帝国憲法の起草に尽力した、明治政府の中心人物。