スマートフォン用の表示で見る

横浜線

地理

横浜線

よこはません

JR東日本の路線。

概要

東神奈川八王子間 42.6km

横浜から町田相模原を経て、八王子へ至る路線。

もともとは八王子周辺の養蚕農家が製造した生糸を横浜港から外国へ輸出するために建設された。

神奈川県を南北に貫く数少ない鉄道路線

かつては主要路線から転籍した中古電車が走っていたが、JR移行後に輸送改善のため205系が新製投入され、最近では東京メガループの1つを担う路線になっている。

横浜駅からの需要があるため、一部は根岸線直通で桜木町磯子発着になっている。

優等列車としては快速が日中20分間隔で走っており、シーズンには中央東線直通の臨時特急はまかいじ」がこの路線を経由して運行される。

歴史

1908年9月 横浜鉄道東神奈川八王子間開通

1910年4月 国有鉄道が借入れ

1917年10月 国有化し、横浜線となる

1932年10月 東神奈川−原町田(現、町田)間電化

1941年4月 原町田八王子間電化し全線電化完成