スマートフォン用の表示で見る

嘉納治五郎

スポーツ

嘉納治五郎

かのうじごろう

嘉納治五郎(1860年12月9日 - 1938年5月4日)は、日本の柔道家、教育者である。

摂津国御影村(現・兵庫県神戸市東灘区御影町)出身。

東京大学文学部哲学政治学理財学科卒業。

講道館柔道の創始者であり、柔道・スポーツ・教育分野の発展や日本のオリンピック初参加に尽力するなど、明治から昭和にかけて日本に於けるスポーツの道を開いた。「柔道の父」と呼ばれる。

生前の功績に対して、死後、勲一等旭日大綬章を受章した。