スマートフォン用の表示で見る

学生

一般

学生

がくせい

多くの場合、教育現場内、とりわけ高等教育機関で学ぶ立場の存在を学生と呼ぶ。

学生といえど成年・未成年も含んだ極めてアバウトな枠組みである一方で、社会人とは大きな距離感がある。

これからの社会を担い、創っていく立場として学生という存在は脆弱がゆえに未知数の潜在性がきらめく。

「知らない」事が社会の中で「罪」であるとするならば学生の期間は、大多数の学生達にとって、「社会に出るまでのいろいろな意味での準備期間」である。

法律上の「学生」

学校教育法では以下の在学生を「学生」と呼ぶ。

また、小学校の在学生を「児童」と呼び、中学校、高等学校の在学生を「生徒」と呼ぶ。