宮脇俊三

読書

宮脇俊三

みやわきしゅんぞう

紀行文作家。1926年12月9日生、2003年2月26日歿。

大正15(1926)年、埼玉県川越市に生れ、東京で育つ。昭和26年東京大学文学部西洋史学科卒業。「中央公論」編集長、編集局長、開発局長、常務取締役を経て、53年同社退社。52年、国鉄全線完乗。主な著書「時刻表2万キロ」(第5回日本ノンフィクション賞・第9回新評賞受賞)、「最長片道切符の旅」、「汽車旅12ヵ月」、「時刻表昭和史」(第6回交通図書賞受賞)、「台湾鉄道千公里」、「時刻表おくのほそ道」、「終着駅は始発駅」、「シベリア鉄道9400キロ」、「旅の終りは個室寝台車」、「殺意の風景」(第13回泉鏡花文学賞受賞)など。60年、交通文化賞受賞。