スマートフォン用の表示で見る

原武史

読書

原武史

はらたけし

社会史研究家・政治学者。専攻は政治思想史。近年は鉄道マニアとしての著作も。1962年東京都渋谷区生まれ。

東京大学大学院法学政治学研究科博士課程中退。

東京大学社会科学研究所文部教官助手を経て、現在、明治学院大学国際学部助教授

著書『直訴と王権』(朝日新聞社)、『<出雲>という思想』(公人社)『「民都」大阪対「帝都東京――思想としての関西私鉄』(講談社サントリー学芸賞受賞、『大正天皇』(朝日新聞社)『昭和天皇 (岩波新書)』など。

 『大正天皇』の「大正天皇押し込め論」はトンデモである*1

*1古川隆久大正天皇像の再検討」『横浜市立大学論叢』56ー2、同大正天皇 (人物叢書)吉川弘文館2007、伊藤之雄書評と紹介 原武史著『大正天皇』(朝日選書)」『日本歴史』ー641