高橋和巳

読書

高橋和巳

たかはしかずみ

作家、中国文学者。

1931年8月31日生まれ、大阪府出身。1971年5月3日没。享年39歳。

京都大学文学部在学中、小松左京らと「現代文学」などを発行し活動。

中国文学を専攻し、京都大学大学院博士課程単位満期取得修了。布施市立日新高校定時制講師、立命館大学講師、明治大学文学部助教授京都大学文学部助教授を歴任。1969年、大学紛争が激しさを増す中、辞職。

1962年に長編小説「悲の器」で第1回文藝賞を受賞。主な著作に「邪宗門」「憂鬱なる党派」「捨子物語」「我が心は石にあらず」「わが解体」など。革命の世代を生きるインテリゲンチャの苦悩をテーマに数多くの作品を残し「苦悩教の始祖」と呼ばれる。