スマートフォン用の表示で見る

差別意識

一般

差別意識

さべついしき

 すべての人間に潜在している意識。人間は理性によりこの意識を顕在化させないようにし、また他の人間を想う想像力によりこの意識を乗り越えようともがく。しかし,この意識を完全に払拭することは仙人であっても不可能かもしれない。

 現代社会では差別意識を顕在化させない人間が理知的な人間、人格者として評価され、差別意識を露呈する人間は、他の人間を想いやる能力がない,または啓蒙されていない人間(ドキュソ)としてとらえられる。

 それでも開き直って差別意識をむき出しにする人間も少なくないのでたちが悪い。