スマートフォン用の表示で見る

傷だらけの天使

キーワードの候補

2件

テレビ

傷だらけの天使

きずだらけのてんし

ドラマ。

概要

1974年10月5日から1975年3月29日までの毎週土曜日22:00 - 22:55に日本テレビ系で放送。全26話。愛称は「傷天」。

なお、上記にある1997年の同名映画はこのドラマのリメイク作品である。

内容および世間への影響

  • メインである修と亨の何の目的もないような日常を描く。基本的な方向性は無いに等しく、謎解きをしたり、弱者が権力者に対して反抗をしたりと、内容、メッセージはその回によって違っており、メインライター市川森一はのちに「13人の脚本家と監督による壮大な実験劇」と表している。
  • 当時の若者の風俗に鮮烈な印象を与え、当時の視聴者のみならず、その後の日本のテレビドラマ界に与えた影響も大きい作品。いまだに伝説的なドラマとして名高く、ファンも多い。
    • とんねるずにも影響を与えたドラマとしても知られる。
  • 恩地日出夫、深作欣二神代辰巳工藤栄一ら当時の日本映画界を代表する監督陣が参加し、毎回豪華なゲストが出演しており、各話の完成度も高い。
  • 本放送当時は視聴率も評価も必ずしも高くはなく、放送関係のいかなる賞も受けることはなかったが、再放送等により後世の評価が高い番組となる。
  • 井上堯之バンドによる軽快なタッチのオープニングテーマ曲も有名。いまだにテレビCMなどで流用される。ただしCMなどでの演奏は大野克夫バンドによる。
  • 衣装協力としてBIGIがクレジットされており、菊池武夫が担当。主人公の服やスタイルは、当時の若者に多大な影響を与えたと言っても過言ではない。

主演

  • 木暮修(萩原健一
    • 綾部探偵事務所の調査員。年齢は25歳。最終学歴は中卒。エンジェルビルの屋上にあるペントハウスに住んでいる。粗暴な性格だが、仁義に厚く、非情に徹しきれない。危ない仕事ばかり回してくる綾部には不信を抱いており、金銭的に困窮していてもなかなか仕事を受けたがらない。事務所からの指示に背いて独自の行動を取ることも多い。
    • 死別した妻との間に一人息子の健太がいるが、妻方の実家に預けている。このため子供には優しい。
  • 乾亨(水谷豊
    • 修と同じく綾部探偵事務所の調査員。年齢は22歳(劇中、修の台詞で「俺より3つ年下」とある)。修を兄のように慕い、修に張り付いて身の回りの面倒を見ている。修よりも純情かつ手堅い気質で、将来はお金を貯めて、修と健太の3人で暮らすことを夢見ている。最終学歴は自称小卒だが、自動車修理工として働いているときもある。頭にはポマードをべったりつけ、スカジャンをいつも着ている。当時の設定としては時代遅れのスタイルとしてこの格好をしていたが、放送終了後に真似する若者が急増し、第二次ブームを迎えた。
    • 劇中、頻繁に修を「兄貴ぃー!」と呼んで登場し、ある時は連呼する。
  • 綾部貴子(岸田今日子
    • 綾部探偵事務所の所長。表向き、事務所の評判は良いが、裏では悪事にも手を貸し、非合法な取引なども行う悪徳探偵事務所でもある。非情な性格であり、プライドも高い。修と亨に度々危険な仕事を与えて酷使する一方、修には「貴方は本当のワルになれる」と目を掛けている。
  • 辰巳五郎(岸田森
    • 綾部の片腕として働いている事務所のナンバー2。クールな性格を装うも、実はスケベで見栄っ張り。修と亨には常に威張っており、修たちへのギャラ(たいてい1回20万円)の一部をピンハネする。表立って口には出さないが、内心は綾部に想いを寄せている。胃下垂。頭髪はカツラであり、実際は剃髪している。(岸田がアドリブでカツラを外して土下座するシーンが第5話にある)
  • 浅川京子(ホーン・ユキ)
    • 綾部探偵事務所の電話受付。綾部を尊敬している。
  • 海津警部(西村晃
    • 綾部の悪事の証拠を掴もうとしている刑事だが、反面で綾部とは内通しており、金品と引き換えに捜査情報を漏らすこともある。
  • 松下刑事(船戸順)
    • 海津の部下の刑事。第1話、第6話、第13話に登場。

脚本

市川森一鎌田敏夫、永原秀一、峯尾基三、柏原寛司ほか

監督

深作欣二、恩地日出夫、神代辰巳工藤栄一、児玉進、土屋統吾郎、

スタッフ

傷だらけの天使 DVD-BOX I

傷だらけの天使 DVD-BOX I

傷だらけの天使 DVD-BOX II

傷だらけの天使 DVD-BOX II

映画

傷だらけの天使

きずだらけのてんし

1997年4月19日公開 

製作=吉本興業電通ヤング・アンド・ルビカム 

配給=松竹松竹富士