スマートフォン用の表示で見る

笑福亭鶴瓶

アート

笑福亭鶴瓶

しょうふくていつるべ

プロフィール

1951年昭和26年)12月23日生まれ。大阪府大阪市東住吉区(現在は平野区)出身。O型

松竹芸能所属*1。本名は駿河学(するが まなぶ)。

芸名・鶴瓶の読み方は「つるべ」。

身長 173cm  体重 74kg  B/W/H B104 W98 H101 靴/頭 26.5cm/56cm*2

学歴

府立浪速高等学校卒業、京都産業大学中退。

芸人歴

京都産業大学では落語研究会に入り童亭 無学 (どうてい むがく) を名乗る。

大学在学中の1972年昭和47年)に六代目・笑福亭松鶴に入門。関西・東海地区でラジオ・テレビを中心に活躍し、1986年に東京へ再進出。

自身の身の回りで起こった日常の話題を面白おかしく話すスタイルは「鶴瓶噺」(つるべばなし)と呼ばれ、独自のジャンルを構築した。(年1回5日間、青山円形劇場にて「鶴瓶噺」を開催している。)

大学在学中は、大学の先輩で下宿先が同じだった清水國明原田伸郎と後に妻となる玲子夫人とともにあのねのねのメンバーであった。

また、現在のヘアースタイルは短髪で額の部分がM字型だが、若い頃はアフロヘアーだった。

現在は、春風亭小朝らと六人の会を結成し、落語にも積極的に取り組み、「鶴瓶噺2004」では鶴瓶噺落語にした私落語長屋の傘」を披露した。

弟子に笑福亭笑瓶、笑福亭晃瓶、笑福亭純瓶、笑福亭達瓶、笑福亭恭瓶、笑福亭瓶太、笑福亭銀瓶、笑福亭瓶吾、笑福亭瓶二、笑福亭瓶生、笑福亭由瓶、笑福亭鉄瓶笑福亭瓶成

出囃子は「新ラッパ」。

現在、上方落語協会理事を務める。

受賞歴

2000年 第29回上方お笑い大賞 大賞受賞

事件

  • 1975年テレビ東京系「独占!男の時間」で股間を公開し、同局を出入禁止となった(2003年、系列のテレビ大阪製作、きらきらアフロ東京収録により解禁された。)
  • 映画『必殺!III 裏か表か』撮影時、鶴瓶デスマスクを作成する際、顔の輪郭の型を取るため鼻孔だけを出して呼吸していたのだが、松竹のスタッフに鼻孔を塞がれてしまい、呼吸が出来ずマジギレする。
  • 1997年テレビ朝日27時間テレビ」において、急遽結成された伝説的ユニット「ブリーフ4(ビートたけし笑福亭鶴瓶今田耕司東野幸治)」で大暴走。深夜訪れた丹波哲郎邸の廊下でブリーフを脱ぎ脱糞を試み、挙句、番組を放棄しロケバスで熟睡するなど、ビートたけしも呆れる暴れっぷりであった。
  • 2003年6月28日-6月29日に放送されたフジテレビ27時間テレビ(生放送)で泥酔していた鶴瓶中居正広が呼び起こしたが、パンツ1枚で仰向けに寝ていたため、起きた途端にそのパンツがぬげて局部を露出してしまい、一緒にいたココリコ遠藤章造が座布団で隠そうとしたが時既に遅し。また、放送後に鶴瓶は謝罪し、フジテレビ側もペナルティは行わなかった。昨年の同番組でも泥酔し尻を丸出しにしている。
  • 2004年の同番組にも出演したが、今回は露出しないように敢えてナインティナイン岡村隆史がデザインした「鉄のパンツ」を装着された。
  • 2005年の同番組では『総合司会』になりながらも25時間鬼ごっこを展開。「局部露呈」がネタになりつつあり、常にその危険を予感させるような演出が施された。和田アキ子までも「TBSで出して二局同時立ち入り禁止ってのもいいじゃない」と言い出す始末。
  • 2006年も期待。

過去の出演番組

映画

著書

舞台

*1東京でのマネジメントはデンナーシステムズ

*2:参照:松竹芸能公式プロフィール