スマートフォン用の表示で見る

上杉景勝

社会

上杉景勝

うえすぎかげかつ

戦国武将米沢藩の藩祖。仙桃院の子であり、上杉謙信の甥で、謙信の養子*1となった。正室は武田信玄の末娘菊姫

謙信の死後、上杉景虎との争い(御館の乱)を制して家督を継ぐ。

その後は秀吉に臣従し、小田原征伐では北国軍の一翼を担う。秀吉死去の直前に会津120万石に封ぜられた。

小早川隆景の急死後から五大老の一人となったが、秀吉の死後五大老の筆頭格である徳川家康との関係が悪化。ここで家臣・直江兼続がしたためた挑発的な書状により家康は景勝討伐を決意した。

しかし、石田三成の挙兵によって直接対決は消えたものの、米沢30万石に領地を削られた。

ちなみに、生涯ではあまり笑わなかったらしい。

*1相続争いの元になる養子が2人いるのはおかしいということで、近年ではいわゆる“猶子”扱いなど、正式な養子の上杉景虎より下の扱いだったとの説が出ている。