織部焼

アート

織部焼

おりべやき

織部陶とも。原義としては茶人の古田織部がプロデュースした焼き物。転じて、その影響下にある焼き物(いわゆる「織部好み」)の総称。独特のダイナミズムを持つ。

とりあえず緑色の釉薬が器の一部にかけられているものを織部と称することが多いが、実際にはそれに限定されない。