スマートフォン用の表示で見る

森永卓郎

一般

森永卓郎

もりながたくろう
  • 妄言の常習犯?  2011年1月1日付の東京スポーツで、勝間和代氏との対談が紹介され、「日本は侵略され、滅んでもいい」「今後、国はどんどん喫煙を推奨すべきですね。そうなれば、みな早死にして国の年金負担が一気に減る」など、非常識極まりない妄言を吐いたことが記載されている(後述)。


反・嫌煙

タバコに関する発言

・「私は逆ですよ。今後、国はどんどん喫煙を推奨すべきですね。そうなれば、みな早死にして国の年金負担が一気に減る」と述べた。「実は以前、これを社会保険庁に提案したんですが、ふざけるなと怒られてしまいました」。

2011年1月1日付東京スポーツ

・「たばこの煙はぜったいに吸いたくないという、自分のことしか考えない人が増えてきた」

・「たとえ公共施設であっても、公権力を使ってライフスタイルを規制するということはファシズム以外の何物でもない」

・「受動喫煙の被害に対しては大きな疑問がある。受動喫煙の実験はものすごい密閉空間でデータをとっており、そんなことは現実にはありえない。程度の差こそあれ、発がん物質は何にでも含まれている。副流煙だけに過敏になりすぎているのでは」

・(禁煙条例を作るなら)【空気の悪い大都市にすむな】という条例を作ればよい。

・「過度な飲酒や運動不足、睡眠不足も体には良くないが、他人にとやかく言われる問題ではない。」

・「アジアではまだまだ自由だし、米国に比べれば欧州の規制は緩い。全面禁煙は決して世界の潮流なんかじゃない・・・」

・「喫煙所を設けて分煙にすることで対処可能であり、全面禁煙化は肩身の狭い思いをしている喫煙者への社会的いじめで、魔女狩りだ」

反戦・反日・反自衛隊・左翼思想

◆国防・安全保障自衛隊に関する発言

・「私は日本丸腰戦略というのを提唱しています。軍事力をすべて破棄して、非暴力主義を貫くんです。仮に日本が中国に侵略されて国がなくなっても、後世の教科書に『昔、日本という心の美しい民族がいました』と書かれればそれはそれでいいんじゃないかと」。(2011年1月1日付東京スポーツ

・「仮にとんでもない奴が攻めて来たら、もう黙って殺されちゃえばいいんだと思うんです」

・「世界の歴史の中で、昔は日本という国があって、戦争をしなくって制度を守るんだって言い続けて、ああそんな良い民族が居たんだなぁと思えばいいんじゃないですか」

・「北朝鮮が攻めてきたら竹やりで対抗すればよいから、自衛隊は要らない」

・「戦争になったら自分はアメリカに逃げる」

・「防衛費を1年ゼロにすればいい。どうせどこも攻めてこない。」

竹島問題に関する発言

韓国にあげればいい、東京都内だって外国の投資ファンドに買われている。」


ブログ炎上

・2009年3月5日、テレビ朝日スーパーモーニングにて、民主党党首の小沢一郎の秘書が西松建設から2億円の不正献金を受け取り、政治資金規正法違反で東京地検特捜部に逮捕された件について

森永 「何故小沢の秘書だけ?不公平。たった2000万円で特捜が動くのっておかしい」

森永 「麻生サミットで英語を喋りたいだけ」

森永 「小沢さんの秘書だけ逮捕なんて、国民誰がみてもおかしいって思いますよ。」

森永 「西松建設から献金受け取ってた政治家って19人もいるんですよ!」

森永 「麻生さんが止めれば特捜は動かなかった」

森永 「麻生さんは景気対策最優先って言ってるのに、こんなくだらない事やってる暇があるなら経済対策やりなさいよ」

森永 「(局アナから、麻生さんがやったわけじゃ・・・と言われ) 麻生さんですよ。検察動かしたの!」

麻生太郎は指揮権を発動して逮捕をやめさせるべきだったと発言し、公式ブログに批判的なコメントが多数投稿された。http://blog.goo.ne.jp/moritaku_goo/cmt/bfaca4c5508ddd12b51bdb3f9c96354f(2009年2月17日分のコメント欄)


参考

探偵ファイル〜ニュースウォッチ〜/森永卓郎日本解体宣言?「侵略され滅んでもいい」/探偵T

http://www.tanteifile.com/newswatch/2011/01/01_01/index.html