スマートフォン用の表示で見る

辛坊治郎

テレビ

辛坊治郎

しんぼうじろう

読売テレビアナウンサーキャスター読売テレビ報道局次長・解説委員。芦屋大学非常勤講師

1956年4月11日生まれ、鳥取県米子市出身。早稲田大学法学部卒。

読売テレビで30年間勤務した後、2010年9月末でテレビ局を退社することを明かした。(2010年8月2日現在の報道レギュラーを務める同局の「朝生ワイド す・またん!」(月〜金曜・前5時20分)、「ウェークアップ!ぷらす」(土曜・前8時)「たかじんのそこまで言って委員会」(日曜・後1時30分)の3番組については、当面、出演を続ける予定。「そこまで言って委員会」では、タレント・やしきたかじん(60)とのダブル司会で人気を博していたが、たかじんが先にいなくなってしまった。

2013年、全盲のセーラー・岩本光弘と小型ヨット太平洋横断する「ブラインドセーリング」に挑戦する事を発表。

2人は6月8日に大阪市内のヨットハーバーを出港し、練習を兼ねて福島県へ。同16日に小名浜港から米サンディエゴを目指して出発した。到着は8月で、航海日数は55日間を想定していたが、6月22日、宮城県金華山の南東約1200キロで遭難。海上自衛隊の救難飛行艇に救助された。

退社の背景

2010年春には退社をほのめかす言及を残していた。「す・またん」開始の3月、同番組のインタビューで「自分の中では55歳が定年だと思っています。20年勉強して30年働く。あとは、自分のため、世のため人のために時間を使いたい。4月で入社30年なので、その段階に進んでいなければいけない」とコメントしていた。また、「この番組は、私のサラリーマン人生の集大成。私はこれでサラリーマンを辞めます」と退社プランについても言及していた。

エピソード

日当千円を目当てにフジテレビアナウンサー試験を受験したことがきっかけとなり、1980年アナウンサーとして読売テレビ入社

尚、フジテレビは役員面接まで進んだが、「うちでどんな番組をやりたい?」という質問に間髪いれずに「リビング11を担当したい」と答えてしまったため面接官に笑われた挙げ句に不合格となった。

過去の担当番組

など。