スマートフォン用の表示で見る

水戸藩

地理

水戸藩

みとはん

江戸時代の藩。常陸国の中北部の大部分を占めた藩。

 佐竹氏が出羽秋田に転封された後、1609年、徳川家康11男徳川頼房が25万石(のち35万石)で入り成立した藩。

水戸藩主は徳川御三家の一つで、唯一江戸常勤を定められ、将軍を補佐する役目を受け持った。

 頼房は事情により次男光圀に水戸藩を譲ったため、長男松平頼重は讃岐高松藩12万石を与えられた。

光圀は学問を好み、大日本史の編纂を行い、水戸藩尊王の気風を植え付けた。

水戸藩で生まれた水戸学は幕末尊皇攘夷運動に強い影響を与えた。

 九代藩主斉昭は藩政の改革と幕政への参加を志したが、強い尊王攘夷傾向のため幕府に疎まれ隠居を余儀なくされた。

幕末には藩内の保守派改革派の抗争から統制を失い、藩士による桜田門外の変、天狗党の乱を招いた。

 水戸藩領は廃藩置県により水戸県を経て、茨城県に編入された。