崇徳院

キーワードの候補

2件

一般

崇徳院

すとくいん

平安時代末期の第75代天皇(在位:1123年〜1142年)。崇徳天皇。諱は顕仁(あきひと)。

譲位後、新院と称した。讃岐に配流された後は讃岐院と呼ばれた。

保元の乱まで

鳥羽天皇の第1皇子として1123年即位したが、後に父に強制的に譲位させられる。

鳥羽天皇は、弟の近衛天皇後白河天皇を相次いで擁立したため、

崇徳院朝廷内での権力回復を図り、保元の乱を起こすが、平清盛らに鎮圧され失敗。

讃岐に配流された。

配流後

乱後、仏教に頃倒し、経典の写本作りに専念。完成した写本を京の寺に収めようと朝廷に差し出したが、治天の君後白河法皇の影響下、朝廷は拒否し、写本を送り返してきた。よって、崇徳院が激怒し、「叔姪、兵を交へ兄弟相仇す。古自り之有り。朕、懴悔の爲めに親ら佛經を書するは、特に冥福を修す。今生の爲め非ず。而して猶且つ之を藏するを許さ不。」といい、自分の舌を噛み切って、その血でせっかくの写本に呪いの文章を書き、さらに「願くば大魔王と爲り、天下を擾亂せん。5部の大乘經を以て惡道に廻向す。民を皇に、皇を民にす。」という言伝いがあるという。

この後、朝廷を恨み、夜叉のような姿で死んだと伝えられる。

怨霊、妖怪説

菅原道真平将門と並ぶ日本三大怨霊とされる。また、崇徳院の大天狗として白面金毛九尾の狐?酒呑童子と並ぶ日本三大妖怪ともされる。

崩御後、天変地異が相次いだため怨霊とされ、丁重に祀られた。

鎌倉時代以降、武士の世が続いたのも院の呪いとされている。孝明天皇霊魂を鎮めるために京都に移すよう命じ、明治天皇の代にようやく今の白峰神宮?遷宮された。

歌人

歌人としても知られていて、詞花和歌集小倉百人一首に収録された「瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の われても末に 逢わむとぞ思ふ」の歌が有名。

地理

崇徳院

すとくいん