スマートフォン用の表示で見る

大神神社

地理

大神神社

おおみわじんじゃ

概説

日本神話に記される創建の由諸や大和朝廷創始から存在する理由などから「日本最古の神社」と称されている。三輪山そのものを神体神体山)として成立した神社であり、今日でも本殿をもたず、拝殿から三輪山自体を神体として仰ぎ見る古神道原始神道)の形態を残している。自然を崇拝するアニミズムの特色が認められるため、三輪山信仰縄文弥生にまで遡ると想像されている。

旧社格
官幣大社名神大
祭神
大物主大神(倭大物主櫛ミカ魂命)
御利益
国土開拓、三輪山の神

大和一ノ宮三輪明神とも称する。