スマートフォン用の表示で見る

東国原英夫

社会

東国原英夫

ひがしこくばるひでお

日本の政治家衆議院議員、前宮崎県知事。元タレント。作家。

1957年9月16日生まれ、宮崎県都城市出身。

1980年専修大学経済学部経済学科卒。

オフィス北野所属。

略歴

高校時代はハンドボール部に所属し、インターハイベスト4・国体を経験。後に日本協会の名誉委員に名を連ねた事もあった。現役受験生の時には明治大学早稲田大学専修大学の3つの大学に合格(あくまで自称)したが、専修大学入学フジテレビ系「笑ってる場合ですよ」の出演をきっかけに1981年、ビートたけしの一番弟子になる。

その後は、ビートたけしの弟子を集めて作られたタレント集団たけし軍団」のリーダーとして人気を集める。

タレント活動の傍ら、作家活動も行い『ビートたけし殺人事件』『明石家さんま殺人事件』を執筆。ドラマ化もされた。

その他

あまり知られていないが、レイザーラモンHGの先駆けともいえるSM嬢のキャラクターを演じていたこともある。(現在はその格好はしていない)

また、マラソンランナーとしても有名。


「決断の真実」

「決断の真実」

*1:※未成年である少女が年齢を偽って勤務していた

*2新規サイト 共通エラーページ