スマートフォン用の表示で見る

東名高速道路

地理

東名高速道路

とうめいこうそくどうろ

左ルートと右ルート

現在御殿場JCTまで上下各3車線になっているが、大井松田御殿場にかけては都夫良野トンネルをはじめとしてトンネルの多い山道区間であり、トンネルを拡幅することは現実的ではなかった。

そこで取られた手法が、上り線を新規に建設し、旧上り線を下り線に転用というものである。

これにより、大井松田足柄区間の下り線は「左ルート」(旧下り本線)と「右ルート」(旧上り線)の2つのルートとなった。

この事例は日本初であったが、その後山道やトンネル区間の拡幅手法として何度か用いられた。東名では日本坂トンネルでも同じ手法で下り新設・上り2ルート化されている。

*1:下り線は左ルート(旧下り線)のみ