スマートフォン用の表示で見る

中央自動車道

地理

中央自動車道

ちゅうおうじどうしゃどう

高井戸IC−小牧JCT間および高井戸IC−富士吉田IC間を結ぶ高速自動車国道。正式には、前者が中央自動車道西宮線の一部、後者が同富士吉田線。

全線が中日本高速道路NEXCO中日本)の管轄。「中央道」。

高井戸IC−八王子IC間を均一料金、恵那山トンネルを含む園原IC−中津川IC間を恵那山特別区間として割増料金(一般区間の1.6倍)とする区間がある。なお、恵那山特別区間については、2011年8月1日から2013年3月31日(予定)の間、一般区間と同等の料金に値下げする措置が講じられている。

ほとんどの区間が上下各2車線だが、山道区間には登坂車線が設けられている。


上野原IC〜大月JCTの21kmは、2001年から2003年にかけて3車線化などの改築が行われた。

上野原IC〜談合坂SAの区間では、S字カーブ解消の為にルートが一部変化し、廃道が出来た。

談合坂SA猿橋BSの区間では、かつての東名方式*1で旧上り線を下り線に転用し、「左ルート」・「右ルート」として下り線は4車線になっている。

猿橋BS〜大月JCTの区間では、同じく東名方式で上り線を別ルートにしているが、こちらは旧下り本線が大月JCT河口湖方面の長いランプになっている。

この改築によって、大月ICは上り下りとも出口ランプが大月JCTのランプから分岐という構造になっている。

IC・PAと接続道路

本線


河口湖

*1大井松田〜御殿場の改良工事