スマートフォン用の表示で見る

二葉亭四迷

読書

二葉亭四迷

ふたばていしめい

ふたばていしめい 1864年(元治元年)〜1909年明治42年) 東京市ヶ谷生まれ 翻訳家 作家 評論家

本名は長谷川辰之助東京外国語学校露語科出身、坪内逍遥小説神髄』への反駁から『小説総論』(1886年 明治19年)をあらわす。のち逍遥の推薦により『浮雲』を明治20年(1887年)から発表した(未完)。また翻訳したツルゲーネフ『あひゞき』は言文一致運動のひとつの完成として評価されている。

朝日新聞特派員としてロシア赴任を志願、日本郵船の船・賀茂丸での帰途、ベンガル湾上で肺結核のため客死。

ペンネームは「くたばってしめぇ」の語呂合わせ。父親に言われたらしい。