乃木希典

一般

乃木希典

のぎまれすけ

人名。日本の陸軍軍人。陸軍大将。

1849年生まれ。日露戦争において第3軍を率い、旅順攻囲戦を指揮。その際2人の息子を失う。旅順陥落後は奉天会戦に参加。

1907年(明治40年)に学習院院長に就任し、翌1908年に入学された迪宮裕仁親王(後の昭和天皇)の教育にあたる。

1912年(大正元年)9月13日、明治天皇の大葬に参列後、妻とともに自害。

軍国主義の進展とともに殉死愛国美談となり、国家によって神格化された。

司馬遼太郎の小説をはじめとして愚将であったという見方があるが、異論もある。