スマートフォン用の表示で見る

白ワイン

白ワイン

しろわいん

透明色、もしくは黄色をしたワインの総称。若い白ワインは透明色、年月を経るごとに黄色がかって深みのある色と味わいに変わる。

辛口白ワインと甘口白ワインがある。一般に低温に冷やして飲んだほうがうまいといわれる。酸味の強い物は、一般的に魚料理に合うとされる。

他のワインの種類に

などがある。

シャンパンとのちがい

シャンパンもワインの一種だが、製法にひと手間かけてある(二次発酵)のがシャンパンである。特別な製法を経て、ボトル内に炭酸ガスが存在すると言うことが、普通のワインとの大きな違いである。