スマートフォン用の表示で見る

シャンパン

シャンパン

しゃんぱん

シャンパン もしくは シャンパーニュ(Champagne)とは、フランスシャンパーニュ地方特産の発泡ワインスパークリングワインジェネリックブランド*1のことである。

白ワインとのちがい

シャンパンもワインの一種だが、製法にひと手間かけてある(二次発酵)のがシャンパンである。特別な製法を経て、ボトル内に炭酸ガスが存在すると言うことが、普通のワインとの大きな違いである。

製法

  1. 普通のワインと同様に原料ぶどうを発酵させる。
  2. できたもの (ワインと呼びましょう) をボトルに詰め、その時に、ボトル1本ごとに糖と酵母を加え、栓をする。
  3. そうすると、ボトルのなかで、もう一度発酵が始まり、(これを二次発酵と呼ぶ。シャンパンの場合はボトル=ビンの中で行うため、ビン内二次発酵という)ボトル内の糖が炭酸ガスアルコールに変わり、ボトルの中に炭酸ガスが満たされ、ワインの中にも溶け込んでいく。
  4. そして、普通のシャンパンでも最低15ヶ月、ヴィンテージ物(年号のついたもの)だと最低3年、ボトルのまま寝かされ、それから出荷される。

:アルコール飲料

*1:一般的な品目名のみが表示された製品のこと。日本では良品計画無印良品などが有名