スマートフォン用の表示で見る

尾形光琳

アート

尾形光琳

おがたこうりん

(1658-1716) 江戸中期の画家。乾山の兄。京都の人。光悦・宗達に私淑し、大和絵をさらに革新、大胆華麗な装飾画風を大成し世に琳派と称される。工芸にもすぐれ、光琳模様・光琳蒔絵(まきえ)を生んだ。代表作「燕子花(かきつばた)図屏風」「紅白梅図屏風

三省堂提供「大辞林 第二版」より