平知盛

一般

平知盛

たいらのとももり

平清盛の四男。母は平時子。権中納言

父清盛没後、同母兄宗盛を助け、山本義経近江国の反平家勢力を駆逐するなど活躍。

しかし一ノ谷の戦いでは生田の森の大将を務めるが敗戦。しかも自分を庇って息子知章が討死。その後は長門彦島に拠点を築き、屋島の戦いで敗れた平宗盛らと合流して壇ノ浦の戦いに挑んだ。敗戦を見届けると、最期は入水自殺を遂げた。