スマートフォン用の表示で見る

林芙美子

読書

林芙美子

はやしふみこ

作家。明治36(1903)-昭和26(1951)

行商人の子として貧困の幼少期を過ごす。暗い生活を日記体で綴った小説「放浪記」でデビュー。以後、昭和6(1931)年「風琴と魚の町」「清貧の書」、昭和9年「泣蟲小僧」、昭和10年「稲妻」等を発表、日中戦争勃発後は中国東南アジアの各地に赴き従軍作家として活躍。敗戦後には、「うず潮」を昭和22年(1947)年に、23年には「晩菊」、24年「浮雲」「茶色の眼」などの作品を次々にと発表。昭和26(1951)年過労のために急逝。暗い現実と人間の苦悩を生々しく描き、流浪する虚無的な詩情を漂わせる作風が特徴。