スマートフォン用の表示で見る

盧溝橋事件

社会

盧溝橋事件

ろこうきょうじけん

1937年7月7日に起きた、日中戦争 (日華事変) のきっかけになった事件。

7月7日の夜、盧溝橋周辺で演習を行っていた日本軍が「何者かから」銃撃を受けた。また、兵1名が行方不明であることも判明する*1

翌日の早朝より、日本軍は、中国軍(国民政府軍)を攻撃し、両軍の交戦に発展。

その後、一応停戦がなされるが、日本側の兵力増派などが契機となり、両国の本格的な戦争状態へと発展することになる。

*1:後に帰還。実は事件性はなかった