スマートフォン用の表示で見る

CSR

社会

CSR

しーえすあーる

(「Corporate Social Responsibility」の略称)

 

企業の社会的責任

かつては大企業が利益を社会に還元することや情報開示(ディスクロージャー制度)によって

顧客や株主などから企業活動への理解を得る目的から始まったが

最近の大学生が就職先を検討する際参考する項目の1つに

「企業が社会に果たしている責任」が増えていることや

企業が地域社会との繋がりを深めることで、地域におけるビジネスチャンスの拡大を目指し

参加する社員のモチベーションの向上にも繋がることから

中小企業でもCSRの戦略的活動が活発となっている。


CSRの代表的な例として

・企業のコンプライアンス制度

・企業とNPOとの共同事業

・企業によるイベントの主催・共催・後援

・地域市民との交流

などが挙げられる。



 

関連キーワード

責任