Practice of Programming このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-09-12

[] 翻訳 CPAN::Meta::Spec、Module::CPANFile、Minilla、Milla::Tutorial、cpanm、Carton、plenv、plenv-contrib

CPANまわりのツールたちの開発が活発なので、翻訳しようと前々から思ってたのですが、ようやく翻訳しました。

最初は、cpanfile とMinillaだけのつもりだったんですが CPAN::Meta::Specも文章中に出てくるし、Minilla::Tutorialは、Milla::Tutorialから取ってるとのことだし...ということで、Milla::Tutorialも訳しました...と、芋づる式に色々訳す結果となりました。

追記: cpanm も訳しました。

追記2: Carton も訳しました。

追記3: plenv & plenv-contrib も訳しました。

2013-06-15

[] scalarコンテキストでのsortの振る舞いは未定義

何年も使ってるのに、基本的な関数知らないとか!とか、思った。

同僚がはまっていたので知ったのですが、sort のスカラコンテキストでの振る舞いは未定義だそうです。実際問題、sort をスカラで受けるとか意味わからない。ちゃんと警告も出ます。

Useless use of sort in scalar context at -e line 1.

そもそも、リストをスカラで受けるのは、かなり嫌な感じになるため、経験的に避けます。

 my $item = qw/a b c/;

$item に入るのは、リストの最後の要素、'c' なのですが、意図してこんなコードは書きませんよね。

ちなみに、

 my ($item) = qw/a b c/;

の場合は、$item に入るのは、'a' です。

grep, map に関しては、要素数が取れるので、また違った感じですが、要素数を取る目的ではあんまり使った覚えがない。grep を scalar コンテキストで使う場合は、だいぶ昔は if の中とかで使ってた気がするけど、そういうケースでは、List::Util の any のほうが良いですね。

if (any {$_ > 1} @array) {
  # ...
}

map をスカラコンテキストで使った覚えがないなぁ。使うケースが思いつかない。


で、sort なのですが、(Ubuntu 13.04で、Perl 5.16.3 と 5.12.3 で試しました)

 my $item = sort qw/a b c/;

$item は空になります。perldoc -f sort では、

sort SUBNAME LIST

sort BLOCK LIST

sort LIST

リストコンテキストでは、LIST をソートし、ソートされたリスト値を返します。 スカラコンテキストでは、sort() の振る舞いは未定義です。

http://perldoc.jp/func/sort

スカラコンテキストでは、sort() の振る舞いは未定義」なので、空になる保証もないわけですが。

そもそも、リストコンテキスト以外は意味ないからsort自体の処理に入らないようです。

最初の警告の説明には、以下のように書かれています。

Useless use of sort in scalar context

(W void) こんな風に、ソートスカラコンテキストで使いました:

my $x = sort @y;

これは全く便利ではないので、perl は現在のところ最適化して取り除きます。

http://perldoc.jp/docs/perl/perldiag.pod

以下の通り。

 $ perl -e 'scalar sort {die($a) } (1,2); ' # scalar context
 $ perl -e 'sort {die($a) } (1,2); ' # void context
 $ perl -e 'my @x = sort {die($a) } (1,2); ' # list context
 2 at -e line 1.

dieしているのは、最後のものだけでした。

どうでも良いのですが、リスト操作系の関数スカラコンテキストでは意味無さげな reverse はどうなんだろうと思ったら、こんな感じでした。

 print scalar reverse "dlrow ,", "olleH";    # Hello, world

どこで使うのかと小一時間悩みましたが、回文かどうかチェックするのが簡単でした(引用: http://kaibun21.jp/works/13200/)。

 perl -CA -e 'print join("", @ARGV) eq reverse(@ARGV);' かいあたえ しつくしくつし えたあいか

もはや、記事名となんの関係もないけど、最後にまとめると、

リスト ... 最後の要素
配列 ... 要素数
sort ... 未定義
grep ... 要素数
map ... 要素数
reverse ... 引数の順番も中身もひっくり返す

て、感じでした。

2012-12-30

[]Teng::Plugin::SearchBySQLAbstractMore 0.10 と 0.11 をリリース

https://metacpan.org/module/Teng::Plugin::SearchBySQLAbstractMore

0.10 は先日ご報告をうけた、search_by_sql_abstract_more メソッドの挙動が、search と違うよっていうバグの修正です(ちなみに、僕はこのバグに依存したコードを書いちゃってたので、修正が必要でした orz)。

0.11 はTengのバージョンが0.17に上がって、_execute メソッドじゃなくて、execute を使いなさいとwarningが出るようになったので、その修正です。

なんで、0.11 は、Teng 0.17 を要求します。別に上げても問題ないと思いますが、一応注意ということで。

(うちのプロダクション環境で、Teng 0.17を動かしてますが、特に問題はありません)。

2012-12-08

[]Teng::Plugin::SearchBySQLAbstractMore 0.09 リリース

https://metacpan.org/module/Teng::Plugin::SearchBySQLAbstractMore


変更点は、create_sql_by_sql_abstract_more ていうのを生やしたのと、Teng::Plugin::SearchBySQLAbstractMore::Pager::Countの改良。


create_sql_by_sql_abstract_more は、そのまま、Tengのsearch形式の引数か、SQL::Abstract::Moreのselectの引数で、単にSQL生成するだけのものです。


Pager::Countは、改良したのですが、レコード多いと使えないので、MySQL使ってるなら、Pager::CountOrMySQLFoundRows か、Pager::MySQLFoundRowsを使ったほうが良いと思います。

(前者は、通常は COUNT(*) を使って、GROUP BY を使ってる時のみ、SQL_CALC_FOUND_ROWSを使います)

まぁ、SQL_CALC_FOUND_ROWS もあんまり評判は良くないですけどね。

2012-09-29

[]spork で作ったスライドをPDFにする

YAPC::Asiaお疲れ様でした!

牧さん、櫛井さん、スピーカーの皆様、来場者の方々、ありがとうございました。


今回は、スタッフとしてRoom 1(中教室)にずっといましたが、仕事してたり、perldoc.jp がバグってるのを見つけたり(deltaが表示できてなかった orz)で、実はちゃんと聞けてなかったりします。ボランティアの仕事もあんまりできてなかったかも。すみません!

気になるトークはまた動画で見ようと思います。


で、1日目のLT、perldoc.jp の10周年のお話を2分でやらせて頂きましたが、2012年というのにspork使ってます。sporkはオワコンという話を聞きましたが(kwiki.org落ちてるし)、kwiki記法は楽なので。


ただ、HTMLだ公開するのが面倒だなぁということで、PhantomJS で HTML のスライドを PDF にし SlideShare にあげる方法を参考に、scriptを作りました。

https://github.com/ktat/tools/blob/master/mkslide


使い方は、

% mkslide perldocjp

みたいな感じにすると、spork -make して、PhantomJS でpng画像にして、sam2p で PDFにして、pdftk で結合して、foxitreader で開く。

という感じで、完全自分用でしかないし、てきとーに作りました。phantomjsに渡す js も、メンテがめんどくさいから、コマンド内に書いちゃって、毎度書き出してるって言う...。S5 plugin を使っているのも前提だし、ディレクトリも固定で、以下のようになります。

~/docs/slides/perldocjp/slides/start.html -> ~/docs/slides/perldocjp/perldocjp.slide.pdf

てわけで、誰も使わないと思いますが、このscriptとは関係なく、PhantomJS は便利そうだなーと思った。