北緯42° このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-06-09

marginalism2017-06-09

金色喜女

 Noism1『Liebestod−愛の死』レパートリー『Painted Desert』埼玉公演初日に行ってきました。

 http://noism.jp/npe/n1_liebestod_pd_saitama/

 私は特に日程の都合に問題がない時は初日チケットを取るようにしています。

 以前、たまたま初日チケットしか取れなかった公演に行ったら、翌日から病気休演でそのまま死ぬんじゃないかという空気に居合わせてしまったこともあるんですが(その後復帰され、今も無事生きて活動してらして何よりです)、楽日のテンションではなくて、通常のテンションでどこまで魅せてくれるのか知りたいからというのもあります。楽日には何か起こりやすい、その何かを目撃したり共有する醍醐味も知ってはいるんですが、何らかの表現をするプロの人たちがそういった特別モチベーションの働かない日にどこまで出せるか地力を知った方がその人の表現者としてのポテンシャルをきちんと見極められそうだから、という理由もあります。

 今回のNoism公演はかなり意欲的で心意気に好感を持ちました。

 山田勇気演出振付の『Painted Desert』は、私が初めて観る金森穣と井関佐和子が直接関わっていないNoism作品だったのですが、その二人がいなくとも50分(だったかな?)充分及第点で成立させることが可能だとわかったのは観客として収穫がありました。

 石原悠子が化けたな、と思ったのは『カルメン』再演でミカエラを演じていた時なんですけど、彼女はいつも作品に対して献身的で健気なんですよね。こういう作品で与えられた役割もっと中心に入ることかなとも思ったんですけど、それはもう場数を踏めば身につきそうだし、それしかなさそうなので、もっとこういった役割に慣れたらいいなと思いました。そうしたらもう一段階化ける。今回は池ヶ谷奏がそういう意味で化けたというか、ステージ上がったんではないかと目を引きました。中川賢も含めてこの辺りのダンサーがしっかりするとカンバニーとしては安定すると思うので、この作品は大切な機会だったんじゃないかなと。芸術監督と副芸術監督が彼ら彼女ら(山田勇気含め)に安心して任せることができるようになれば色々楽になるんじゃないかなと。Noismは「間がない団体」という印象も強かったので、彼ら彼女らの成長によってカンパニーもまた成熟に近づいた兆しが見えました。

 作品自体に関しては女装男性ダンサー男装男性ダンサーリフト優雅で迫力があって良かったです。いつか男装女性ダンサー女装女性ダンサーリフトも入るといいな。アイスダンサーで男性をリフトする女性もいるので、タイミングをうまく取れればできそうだと思ってるんですけど、フロアダンサーだと私が思っている以上に難しいんですかね?男性をリフトする女性の姿が格好よくて大好きなんですよ。仏リヨンに独創的なリフトを次々と考え出すアイスダンスコーチコリオグラファー先生がいるので、もし気になるようでしたら、ミュリエル・ザズーイという名を覚えておいてください。ミュリエル先生の作るリフト大好きです。女性に男性をリフトさせるというアイディアを実行させてそのカップル五輪金メダルに導いたのも素晴らしいです。今リヨンのリンクが改修中らしいので、余裕ありそうなので是非。

 それにしても、スカートを履いた男性ダンサーは可愛らしい。ピナ・バウシュカーネーション』の時も思ったけれども、女性よりずっとたおやかで可愛らしい。成人男性の可愛らしさが剥き出しになる機会を普段なかなか見られないので貴重だ。女性ダンサー男装をすることにおいてはそのような意味合いは帯びない。マニッシュもしくはボーイッシュファッション市民権を獲得している時代において男装ショートカット女性舞台での異化装置にはなり得ない。この場合女性が既に獲得しており、男性が未だ獲得していないジェンダー非対称性によって異性装意味合いが異なってしまう。そして男性が生きる不自由世界のことを思う。逃れられない視線から自由になる舞台空間を私は愛する。そこで繰り広げられたことが遅れて普遍性を帯びる世界のことも思う。

 Noism作品でたまにフェリーニ的だという印象を受けることがあるのですが、『8 1/2』の「人生お祭りだ」に象徴される不思議ながらも楽天的解放されたラスト大団円のことが念頭にあるんですよね、きっと。

 『Painted Desert』はまさにフェリーニ的で、だからこそNoism的でもあるなと。だからこうやって金森穣以外の作品の上演機会が増えることはNoismの幅が広がっていいなと感じました。思っていたよりNoismって強度のある集団なんじゃないかなとなぜか安堵しました。今やっと芽が出てきたところでもある感じなので、焦らず少しずつみんなで見守って育てて拡張できればいい部分が見えて嬉しかったです。

 新作『Liebestod−愛の死』は、タイトルポスタービジュアル見た瞬間に沸き立ちましたよね。おおついにワーグナーたかと。いや音源明記されてないけどこのタイトルでこのビジュアルならワーグナーだろと直感で。これクリムトでしょ?じゃあワーグナーじゃん!と。「イゾルデの愛の死」ならベジャールの『M』だ、あそこに挑戦してきたか直感で沸き立ちましたよね。その直感が当たっていたことが判明して、しかもめちゃくちゃ金森穣に強い影響を与えてきたことを知って武者震いを起こしましたが、その時点ではただただ興奮してました。

 私、ベジャール作品の『M』の「イゾルデの愛の死」使用シーンがとてつもなく印象深かったんです。音楽が聞こえないくらいに。音楽が聞こえないどころか作品中最大のクライマックスであろう切腹シーンも見逃すほどにただただ緑色の海と楯の会の持つ桜の美しさに見とれてよだれ垂らすし、首も固定していたみたいで痛めるし、そこで「イゾルデの愛の死」が流れていたことにすら気づかないし。聴覚優位の私が視覚的に取り込まれて他の感覚を忘れたのは後にも先にもあれ1回きりなんですよ。あとでパンフレット読んで、あそこで使われていた音楽を知ってなんでそれが聴こえてなかったのかと崩れ落ちたという。でもあまりにもそこでそれが流れるのが適切すぎて視覚からその曲を見たんだなともまた思ったんですよね。そして金森穣が『M』について語るまでベジャール弟子だということをうっかり失念していたんです。なので点と点が繋がった瞬間に震えました。私と金森穣は同じ作品の同じ場所で感動を共有していたんです。同じ魅力に取り憑かれた人間があの曲で勝負するんです。これで金森穣と共有できるものがなければ私もう彼の作品を観なくていいと覚悟して作品に臨みました。

 

 吉崎裕哉は『カルメン』の闘牛士役を観た時に、街の人気者のものすごい陽のオーラを撒き散らしていたことが印象に残っていて、あの華やかさが持ち味のダンサーキャスト名が「末期の男」ってどういうことかな?と気にしていたのですが、多分彼はとても素直な人なんですね。緊張や固さが客席のこちらにも伝わってくる。求められた役割果たしているかどうかは私にはわからないところがありますが、素直さは長所なのでこのまま濁らずに舞台に立ち続けて欲しいです。だって今回ひどい。舞台上には金森穣の気配が濃厚で、井関佐和子は「穣さん!穣さん!穣さーーーん!!!」という気持ちをぶつけてくるし、こんなシチュエーションだって戸惑うわ。こんな身代わりですみませんってなるわ。夫婦でひどいわ。ひどい夫婦相手に目の前の女の視界に本当は自分がいないのにそれでも相手をし続ける報われない男の心情を表現していて、そういうものとしては成立していたので偉かったわ。金森穣が繰り返して扱う「人形」というモチーフ意図的には託しているわけじゃないんだろうけど、そういうものとしてそこに立つしかできないし、そこに寄りすがるしかないし、彼なりのベストは尽くしていたと感じました。誰もが思うよ「夫婦でやれ」と。夫婦でやらないか倒錯的な世界観になってて、それはそれで面白かったからいいんですけどね。

 そんなこんなで可哀想当て馬が退場して井関佐和子の独壇場になったらすごかった。

 「ラブレター」というキーワードを見かけて、二人から客席への「ラブレター」なのかなとてっきり思い込んでいたんですが、客席無視の正真正銘振付であるから舞踏家である妻へのラブレターだった。そして舞踏家であるから振付である夫へのラブレターでもあった。愛する人しか見せない可愛らしい表情を湛えてなぜか客の前で井関佐和子が踊る。そんな楽しそうで嬉しそうな顔を客席にまで惜しみなく見せていいの?と彼女とその表情を一身に受けるはずの彼の尊さに涙する。こんなにデリケートな部分をさらけ出す勇気に感動する。

 『M』は緑色と桜色が蠢く様子に見とれていたけれども、今回は金だ。金森穣の「金」、井関佐和子の「金」髪、二人の愛の象徴は「金」だ。金の幕が燃え盛る自分を、相手燃え上がらせる行為象徴する金の表現・黄金の愛が素敵だった。ずっと声を漏らさないように口元に手ぬぐいを押し当てながらむせび泣いていた。人を愛していることを表現するのは脆くて怖くて、でも強くて、ありったけの臆病さをありったけの勇気で乗り越えた人だけがたどり着ける境地で、傷つきすぎて、これ以上傷つきたくなくて、それを見せられない人間にはただひたすら眩しい。死で終わる物語私たち世界では「悲劇」と分類することになっている。しかしそれは当人にとっては悲劇なのだろうか?

 「あこがれのために死ぬのではない、死にながらあこがれるのだ」という言葉への説得力を与えた振付家と舞踏家表現したのは死によって結ばれる、死によってしか結ばれない二人のそれは幸福への扉なのではないかということ。イゾルデ歓喜の女は喜びの絶頂でその瞬間を迎える。それは悲劇ではないし、正しい行為だと信じきっている。三島由紀夫=Mの時もそうだった。この曲はそういう使われ方をした。愛に殉じるものたちの死、もしくは死によって愛が成就するものたちの生、愛の行為としての死を選ぶものたちのその瞬間に流れる音楽歓喜の歌以外の何者でもない。純度の高い無垢な喜びしかそこにはない。


 その様子を見てむせび泣く私は、度重なるdisasterにより男性不信、人間不信を抱えてしまっているため、誰かといるより一人でいることの方が気楽だ。あまりにも傷が深いため心療内科で認知行動療法も追加されてしまい、この日もカウンセリングを受けてから会場に向かった。でも、一人でいることで何も残らないのは寂しいとも思う。死ぬ時に誰かと取っ組み合って築いたものが何もないことはきっと寂しいだろうなと思う。崩壊した世界をずっと歩いてきたせいで、心を許せる人がどこにもいない人生が寂しい。「人を愛する」という感情を忘れているのか、もともと知らないのかもわからない。「愛の世界」の住人は違う世界の人たちだと思ってきたのに、そこにあこがれる私がいる。その世界移住できるかもしれないとかすかな希望を抱く私がいる。「愛の世界」の言葉を知りたいと思う。奪われた言葉なのか教えてもらえなかった言葉なのかわからないけれど、習いたいと思う私がいる。逃げるより格闘したい私がいる。

2017-04-04 このエントリーを含むブックマーク

 外海で会った方が明日4/5の「探検バクモン」に出るみたいです。お会いした時にこれから枯松神社取材に来る人案内するんだよ、この前は爆笑問題が来たよ、とおっしゃってたのですが、やっぱりこの番組でした。

http://www4.nhk.or.jp/bakumon/x/2017-04-05/21/10863/1665196/

 なので、長崎沈黙聖地巡礼記の続き書き出してみたんですが、写真をふんだんに入れてダラダラ書いててこれ興味ある人いるの…?という気分になってきたので、note雑記部分を有料にするというハードルを上げてみました。まだ1日目しか完成してませんが、とりあえず完成までは課金という壁を作ってSNS限定公開気分で締まりなくダラダラ書き連ねるというだらしないスタイルでお送りしますサグラダファミリア制作過程様相を呈してますが、物好きな方がもしいましたら。ヴォリュームだけはたっぷりあるでよ。

長崎沈黙聖地巡礼記 https://note.mu/coyoly/n/n846e770bb125

2017-03-21

marginalism2017-03-21

男性解放宣言

  先月今月と私にしては動き回ってまして、ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団『カーネーション−NELKEN』3/16埼玉公演を観に行きました。

 創作当時や日本初演当時に立ち会った人々が受けた衝撃というのはある程度は想像できても、きっと言い当てることはできません。舞台というものが一回性のものである限り、言い換えると舞台舞台である限り、それはどうしようもないことです。時代背景も変わればダンサーも変わりますダンサーを変えることを拒み封印される作品というものもありますが、この作品はそうではなかった。1982年のドイツはまだ東西分裂していた頃で、1989年の日本は昭和平成が混在していた年だと思うと、そして私がまだ幼稚園児であったり小学校から中学校へ上がる年だったと思うと、当時既に大人だった人々とは感じるものも違うのは当然のことです。男性の女性装に対して「女装子」や「男の娘」という概念が定着している2017年の日本において感じるものと同じではむしろいけないんです。初演当時に受けたインパクトを得る代わりに2017年3月の日本ではチャーミングという美点が増していたと思うんです。それはどちらが良いとか悪いとかの次元の問題ではなくて、ただそういうこと。

 ピナ作品を観ていていつも気になっていたのは「ここの男性ダンサー精神的に参りそう」ということでした。私は女性で、2017年でも依然抑圧されている側で、その立場からピナ作品に向かい合うというより重なってしまう、ということが多く、ステージ上で常に私たち漠然と感じているようなもの可視化して観客に突きつけるためにはどうしても抑圧を強いる側の表現必要で、そのペルソナを与えられるのはだいたい男性ダンサーで、そういった加害者役割意識させられ続けるのは非常に辛いと思うんです。社会はそうだとしても、ダンサー個人はそうではないかもしれない「加害者意識」を背負い続けるというか背負わされ続けてしまうというのもまた暴力です。カンパニー拠点となっている国が周辺国から常に「ナチス」という加害者投影されてしまお国柄もあるのかもしれませんが、国として、あるいは所属している母体が集団として帯びている性質の「加害者」を個人がどれだけ背負うべきかは戦争責任の所在曖昧にして生き長らえてきた国の国民からすると実感が湧かないんですよね。でも、ピナはとても「加害者」に重きを置いていると感じていました。権力象徴するのはいつもスーツを着た男性で、やりたくもない暴力を(女性の)コリオグラファーによって強制されるという多重構造があって、残酷なことにその描写真実としての重みを伴っているからこそ切実さが増す作品となっていて、たかが性が違うくらいでどうしてこんなに目の前に広がる風景が違うのだろうと、作品観賞後はいつも悲しくなっていました。

 『カーネーション最初の方から笑顔になってしまったのは、男性がスーツからもそしてコルセットハイヒールから解放された、空気を纏うようなドレス姿で、そして素足で登場したからです。薄くて風を孕むドレスを着て片言の日本語を話す人は性別を問わず愛らしい。他の国でピナ作品を観るような人相手には英語使えば伝わるんでしょうけど日本は例外なので、ものすごく頑張って日本語しか解さない私にも通じるような言葉を語りかけてくれることも嬉しかったです。ピナ作品舞台からわかる言葉が降り続けるという事態は想定していなかったので思いがけない感動がありました。2017年現在表現はこうなります、というもの体験できて、フレッシュ人材フレッシュなまま提供します、というヴッパタール舞踊団の姿勢も好感が持てました。ピナ作品の強度を信じているからできることで、こうやってピナ・バウシュという人間を失ったことを抱えつつピナ作品に命を吹き込み続けることを選択した人たちの勇気ある決断を讃えたいです。

 前回来日公演の『コンタクトホーフ』まではピナと一緒に闘ってきたダンサーもかなりステージ上にいました。そのことが却ってピナ喪失を深く印象付けていたんだなと今回わかりました。作品の悲しさとカンパニーの悲しさが相まって暗闇に追い詰められてた部分もあったんだなと。フレッシュピナを直接知らないダンサーたちの軽やかさと直接知らないダンサーたちを包み込む世界観の優しさに触れて涙の代わりに笑顔がこぼれてしょうがなかったのも今回限りの貴重な体験かもしれないです。犬は吠えるが舞台は続きますし、この作品、ずっと男性ダンサーが主役なんですよね。今まで暴力装置や加害者ペルソナしか与えられていなかった男性ダンサー個人としてユング言うところのペルソナではなくアニマ表現している。彼らの中にいる女性像がこんなに可愛らしいなんて思ってもみなかった。男性の表現する女性に対する違和感もありませんでした。性別を超えて花園で楽しそうにしている人々を追うのが楽しくて、世の中からスーツ剥奪して男性も女性ドレスを着て歩けばこんなに呼吸がしやすくなるのにとすら思っていたところ、男性はドレス剥奪されスーツに磔にされ、つまらない暴力装置に呼び戻されて、柔軟な感性剥奪されて飛び降りちゃうような社会に引き戻されると痛みがひどい。女性にもスーツ強要されるような社会の痛みがひどい。早く私たち楽しい可愛い服を返してとその辺りのシークエンスはずっと堪えていた。1枚の布を切り刻んだスーツという存在の痛ましさがそれを着用するものにも分断することを強要しているようで、私がスーツ象徴するようなものをおしなべて嫌う理由がわかった気がした。スーツを着る時は常に社会的な生き物として振る舞うことを強制されている時だ。冠婚葬祭のような儀式で着るのはやぶさかではないけれども、それはいざという時さえ決めておけば普段自由になるからという担保があるからこそで、日常的に着用するというかさせられると病んでしまものだともやはり思う。スーツ象徴しているもの人格を乗っ取られてしまうことがとても怖い。あんなに魅力的だった男性ダンサー陣がいつものピナの男性ダンサーに戻ってしまわないかとても怖かった。女性ダンサーにもスーツ押し付けられたらどうしようと怯えていた。だから男性がドレスを取り戻して、女性もずっとそれを着用することを許されていたことがわかった時に安堵した。

 私は『カーネーション』がピナ代表作だというくらいの知識しかなかったので、ラストに関しては何も知らなかったんです。ハグされるような席にいたわけでもないので、ハグをするダンサーとされる観客を微笑ましく見守っていただけでしたし、それで充分満足していたし、観客全員立たされるとも思っていなかったんですね。でも観客への呼びかけが片言ながらもさりげなかったか自然に体が動きましたし、その場で振り付けを踊ることも抵抗なかったです。強制じゃなくてうまく乗せられた感じで楽しくて。元が手話として使われている動作から難しい動きはないんですよね。そしてその手話が「愛しています」という意味だということも作中でずっと伝えられていたわけですから嫌なわけがないんです。今、私、ピナ・バウシュ振り付けの踊りを踊っている!という感動が舞台と観客を一体化させ、そのまま違う手話を用いた振り付けも「怖がらずに踊ってごらん」という言葉を思い出して一緒に踊ってみたら楽しくて楽しくて。その場にいる誰もを融合して終わるという感動が待っているとは思わなくてただひたすら笑っていて。なぜこの時代にこの演目を上演するかの意味押し付けがましくなく伝わってきてニコニコしながらロビーに出たら踏みしだかれた後のカーネーションを売っていて。暴力的に踏みしだかれたものがこうやって再生されていく循環構造にも深く感じ入りました。ベルリンの壁の破片を売るのと同じ意味のような気がして、一回性の舞台体験の思い出を形として持ち帰ることができるという豊かさが至れり尽くせりでピナのこういう感性本当好きですし、それが受け継がれていることにやっぱり感動して、家に帰ってからもしばらく春夏秋冬振り付けあやふやながら鼻歌を歌うように己の体で再生したりしていますダンサーの肉体を持たない人間手話ダンスとして与えるというアイディアが素晴らしい。

 芸術家が今やるべきことを漏らすことなく伝えてくれた人々に感謝します。力を抜くことが何より大事な気がするので、気負わず導いてくれたラストの後を私の場所でそのまま踊り続けられたらいいなと思います