Hatena::ブログ(Diary)

Peepooblue’s Notebook

2014-08-25

[]聞きこみ!ローカル線 気まぐれ下車の旅 10:59

 ここ数年、個人的にテレビの視聴時間が激減しているのだが、それでも好きな番組というのはある。

 最近、その存在を知り、それから毎週欠かさずみているのが、BSジャパンで月曜夜8時からの「聞きこみ!ローカル線気まぐれ下車の旅」という番組。

301 Moved Permanently

 男女2人組がローカル線の始発駅からスタートして、途中で出会った地元の人におすすめのスポットを教えてもらっては途中下車して、実際に現地を訪ねるという趣向。1泊2日の旅でノルマは10ヶ所。大当たりの絶景スポットもあれば、名所と呼ぶにはかなりビミョーな場所もあったり、駅に降りては見たものの、あまりに何もなさすぎて収穫ゼロだったり、で、その辺が面白い。

 過去3週は土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線高知県)、近鉄志摩線三重県)、長良川鉄道岐阜県)で、いずれも番組冒頭で台風や豪雨の災害に対するお見舞いのメッセージがテロップで流れたが、今日の放送は石川県のと鉄道」。出演はボクシングの内藤大助赤井沙希(だれ?←赤井英和の娘でした)。

f:id:peepooblue:20140825105431j:image

(写真の岳南鉄道はまだ番組で取り上げられていない。この路線で名所10ヵ所探すのはきついな)

 テレビの旅番組というと、グルメだ!温泉だ!と欲望垂れ流しみたいな顔つきのタレントが出てきてウンザリみたいなパターンが多いが、この番組はあまりそういう感じがないのがいい。

suijun-hibisukususuijun-hibisukusu 2014/08/26 22:40 境川遊水地の近くに、古い庚申塔に並べて
新しいのが立っていますが、三猿がなかなか可愛いです。

ローカル線の旅は私も好きです。
二時間の旅番組など普通は退屈してしまうんですが、
これは飽きずに見ていられるんですよねぇ。
鉄道と旅のバランスがいいせいかもしれません。
鉄道の旅と名乗りつつ、
名所観光ばかりしている番組もありますのでね。

peepoobluepeepooblue 2014/08/27 13:08 suijun-hibisukusuさん
新しい庚申塔というのは珍しいですね。
僕が過去に見つけた最も新しいものは昭和51年建立だったと思います。

ローカル線の旅、最初にみたのは千葉県いすみ鉄道だったのですが、小湊鉄道を見逃してしまったのが残念です。
旅番組は総じて地上波よりBSのほうがいい番組が多いような気がします。

suijun-hibisukususuijun-hibisukusu 2014/08/29 23:20 遊水地近くの庚申塔を確認してきたら
1996年と彫ってありました。
そのうちブログに掲載しますので、
ご覧いただければ幸甚です。

peepoobluepeepooblue 2014/08/30 09:54 suijun-hibisukusuさん
1996年とは新しいですね!
三尸の虫が体内にすんでいるという庚申信仰がまだ健在なのでしょうかね。
でも、信じるかどうかはともかく、庚申講のような集まりは楽しそうではあります。

2013-05-18

[]タモリ倶楽部は古道ネタ 21:09

 最近、本当にテレビを見なくなったが、まったく見ないわけではなく、好きな番組もいくつかはある。

 そんな中で、毎週金曜日の朝、新聞のテレビ欄でまずチェックするのは、今日の『タモリ倶楽部』はどんなテーマかな、ということ。興味があれば、とりあえず録画するし、それほどでもなければ、パスということになる。

 で、昨夜(正確には今日の午前0:20〜0:50)の放送は何やら東京の古道がテーマらしいので、とりあえず録画しておいたら、僕が大いに関心を持っている人見街道品川道を取り上げていた。いずれも古代から存在すると思われ、武蔵国の中心・府中と現在の東京都心方面を結ぶ古道だ。まだ、甲州街道が存在しない時代の話で、もう一本、滝坂道も名前だけ登場。

f:id:peepooblue:20130518210529j:image

(番組にも登場した人見街道地蔵尊と道供養塔。三鷹市牟礼)

 滝坂道については、僕も自分のホームページに探索レポートを載せているので、放送開始直後からアクセスが急増していた。といっても、大した数ではないけどね。

 僕自身は現在、人見街道品川道、滝坂道よりさらにマイナーな古道「六郷田無道」のページを作成中で、これまで大田区の六郷から世田谷区の給田までアップ済み。まもなく、残りの給田〜田無を一気にアップする予定だが、こんなもの、一体だれが興味を持つのやら…。けっこうな労力を注ぎ込んだんだけどね。何度かに分けて全区間歩いたし…。

f:id:peepooblue:20130518210534j:image

 この写真は西東京市保谷町にある六角地蔵石幢。寛政7(1795)年、「つや」という女性と「光山童子」の菩提を弔うために建立されたもの。六角柱の石塔の各面に地蔵尊が浮き彫りにされ、また道標も兼ねている。西は「大山道」、東は「ねりま道」、南は「志んたい寺(深大寺)道」。ここは練馬方面から神奈川県大山参りに行く参詣道「富士街道」と調布深大寺方面に通じる深大寺街道の交差点。西武線の踏切の道が深大寺街道。中世、あるいはそれ以前からの古道と思われる。

suijun-hibisukususuijun-hibisukusu 2013/05/18 23:00 よくぞ毎週毎週ニッチなネタを探してくるものだと感心します(笑)。
地理系のネタは特に面白いですね。

peepoobluepeepooblue 2013/05/19 06:34 suijun-hibisukusuさん
あれでもう30年以上続いているんですからすごいですよね。
個人的には地理・地形ネタ、鉄道ネタ、音楽ネタなどが好きです。

yuriyuriyuriyuri 2014/05/18 20:11 一年も経てのコメント、失礼いたします。

田無に生まれ育って三十数年、愛する地元をとりあげていただき「ありがとうございます」という気持ちから、投稿させていただきました。
私も地理・地形マニアで、特に暗渠や古道を散歩するのが大好きです。
数年前に六郷田無道の存在を知り、実際に歩いてみたこともあるのですが、ネットで調べてもなかなか記録が見当たらないんですよね…
なので、貴殿の「古道を行く」の記事を拝見し、大変感動いたしました。

田無は歴史のある街でありながら、自治体の取り組み意識が低く、本来であればこういった歴史の掘り起こしや、それを活用した町おこしは、自治体が行わなければならないことだと思います。

ちなみに私も、タモリ倶楽部だいすきです。
ブラタモリも復活するといいですよね(^^)

peepoobluepeepooblue 2014/05/19 21:08 yuriyuriさん
はじめまして。コメント、ありがとうございます。
本当にちょうど1年前の記事ですね。これを書いてからもうそんなに経ったのかと思います。
六郷田無道については、ほかの方からもメールをいただいたのですが、世田谷区以外の郷土資料館などで問い合わせても、そんな道の存在自体まったく知られていない、というような話でした。
六郷田無道という呼称は恐らく近代以降のもので、実際にそんな呼び方があったかどうかも定かではない、というのが実情のようですが、三鷹市内で「六ごうミチ」の道標を発見しましたし、世田谷区内には所沢道の道標がありますから、ほとんど全区間が古道と呼べる古い道であることは間違いなさそうです。
このルートの続きで、青梅街道以北の旧田無市と保谷市の境界も気になりますね。今は道路も何もないところが旧市境であり、旧多摩郡と新座郡の境界であるわけですから、昔はそこに道路があったのでしょうね。そうなると鎌倉街道…?みたいなことも想像してみたくなります。
とにかく、あまりにもマイナーすぎる古道で、こんなものに興味を持つ人がいるのだろうか、などと思っていましたので、このようなコメントをいただき、本当にうれしいです。ありがとうございました。

2012-12-30

[][][]雨の12月30日 20:36

 朝から冷たい雨が降る中、門松を立てたり、正月準備。

 今年を振り返って、改めて思うのは、テレビの視聴時間が劇的に減ったこと。節電のためテレビは見ないようにしよう、などと考えたわけではないが、見たいと思う番組が本当に少ない。少し前までは夜は大抵何かテレビを見ていたものだが、最近は何か面白い番組はないものか、とあちこちチャンネルを変えてみるものの、結局、どこもウルサイ感じで、テレビを消してしまうことが多い。テレビ番組が変わったのか、自分のほうが変わったのか、たぶん両方なのだろうけれど、とにかくテレビを見なくなった。

 明日の紅白歌合戦もあまり見る気がしないし、この先も個人的にはテレビ離れの傾向が続くのだろう。

 まぁ、今さらテレビがつまらない、などと愚痴ってもしかたがないので、井の頭公園のリスの写真でもアップしておきます。

f:id:peepooblue:20121230204047j:image

f:id:peepooblue:20121230204043j:image

f:id:peepooblue:20121230204040j:image

f:id:peepooblue:20121230204214j:image

numapynumapy 2012/12/31 06:25 楽しい画像をありがとうございました。来年もネット動物園、
楽しみにしてます。

peepoobluepeepooblue 2012/12/31 10:09 numapyさん
こちらこそ、いつもコメントありがとうございます。
来年もよろしくお願いします。よい新年をお迎えください。

yuuko1220yuuko1220 2013/01/01 20:15 今年もお邪魔させてください、
よろしくお願いします。

テレビの件 同感です!
1年ほど前から観なくなりましたー

紅白は もう何年も見てません。
記憶の中の曲だけで 十分足りてしまう。
・・・といっても何故かモノマネだけは 
気になって見てしまいます。
そんな自分に 困惑してます(笑)

peepoobluepeepooblue 2013/01/01 21:59 yuuko1220さん
今年もよろしくお願いします。
最近、テレビを見ないという人、けっこう多いみたいですね。若い人からもそんな話を聞きます。まぁ、僕もテレビがつまらない、などと言いつつも、特に高尚な番組ばかりを望んでいるわけではないんですけど。「モヤモヤさまぁ〜ず」とか毎週見てたりしますし…。

2011-10-15

[]タモリ倶楽部 13:37

 先日、東京と千葉の間を流れる旧江戸川に浮かぶ、東京23区で唯一の自然島・妙見島の探訪記をホームページにアップしたら、その2日後に『タモリ倶楽部』で妙見島が取り上げられた。実は同番組のネタになりそうな島だな、とずっと思っていたのだ。

 番組では実際は完全な工業地帯である妙見島をリゾートアイランドに見立て、名産品=月島食品工業の主力製品であるマーガリンの試食、パワースポット=妙見神社の参拝、会員制マリンクラブ・ニューポート江戸川から島一周クルージング、島の西側の「秘境ゾーン」(雑草やツタが茂っている)、島の唯一の“リゾートホテル”(実はラブホテル)などを回り、最後は島内唯一の食堂が廃業しているので島外から店屋物をとって食べる、といった感じ。

 旧江戸川・妙見島探検記

2011-10-13

[]明日に向かってハイキック 21:53

 韓国ドラマはこれまで全然興味がなかったのだが、先日、ちらっと見てしまったBS11の『明日に向かってハイキック』。食品会社社長を中心とする三世代家族、そこに住み込みで家政婦として働く姉妹、家庭教師の美人女子大生などが繰り広げるホームコメディー。ちょっとハマりつつある。

D

 DVDボックスもあるのだね。

明日に向かってハイキック DVD-BOX 1

明日に向かってハイキック DVD-BOX 1