洛北孫子亭通信−亭主消息

2018-06-17 第17回歴史家協会(於:関西学院大学)参加記

6月22日アップロード

※この記事の翌日、6月18日に発生した地震では、幸い私は特に被害を受けませんでしたが、被災された方は相当に不便な思いをされていることと思います。当該記事の研究会の行きと帰りは、当然のことながら、震源地付近を通過しております。半日違えば、私も被災者でした。早期の復旧を願っております。

研究会参加記が連続します。学会・研究会が立て続けに行われる時期なので、当然といえばそれまでですが、今回は、関関同立+京大阪大大阪市大の西洋史研究室による合同研究会、歴史家協会です。何処も同様ですが、関関同立西洋史の院生不足は深刻なものです。今回主催校の関西学院大学は、自前の報告者を用意できない、という事態になり、そのため午前中の報告はなく、午後からの研究会となってしまいました。そのために余裕を持ちすぎ、会場入りしたときには、前会長の中井義明先生の挨拶の最中でした。いつも通りの時間管理の拙劣さには、恥ずかしく思う限りです。

今回の研究会の特色は、第一報告者(全4名)が学振PD阪大出身)の石田さん、そしてトリの講演が名古屋大学・周藤先生ですので、プトレマイオス朝研究の報告でプログラムがサンドイッチされている、ということになります。・・・拙劣な表現で申し訳ありません。

とりわけ前のめりになってしまったのは、当然のことながら、周藤先生の講演です。考古学者としても歴史学者としても経験と実績が豊かな先生の目には、プトレマイオス朝史がどのように見えるのか、どのような問題と伸びしろを持っているのか、というお話であったと理解します。非常に勉強になった一日でした。

2018-06-03 第69回西洋古典学会@名古屋大学参加記

6月22日アップロード

名古屋大学で行われた、西洋古典学会に参加してきました。

実家から自転車名鉄地下鉄と乗り継いで1時間もかからないところにあるため、実家への帰省も兼ねての学会参加です。2010年からは、エジプト・アコリス発掘調査の報告会にたびたび参加しているため、土地勘も他人よりあるはず、と思っていました。ところが、その「土地勘」が災いしてしまいました。普段足を運んでいる文学部棟のスペースではなく、野依記念学術交流館で行われたために、文学部棟付近で迷子になってしまいました。そんなところを主催校のS先生に発見していただき、会場まで乗せていただくという、なんとも贅沢かつ恥ずかしいことになってしまった次第です。

初日は哲学系の発表、二日目に歴史系の発表が多く組まれていました。そして初日のお昼休み時間は院生によるポスター・セッションと、盛りだくさんの内容でした。初日の最後のプログラムに組み込まれていたシンポジウム、「古代ギリシアローマ世界におけるgender equality」は、個別の発表は面白かったのですが、議論がうまくかみ合わなかったように感じられたのが、いささか残念でした。

2018-05-20 第68回日本西洋史学会大会参加記

広島大学で行われた、本年の西洋史学会から帰ってきました。

初日には南川高志先生の講演、2日目には部会報告や小シンポジウム、そしてランチタイムセッションなど、盛りだくさんの内容で、勉強なるものは自分の分野と講義の準備くらいしかしない最近の怠惰からは少し離れて、頭にしっかりと栄養補給した気分です。

ランチタイム・ワークショップ「国際学会を有意義なものにするために」は、司会進行が松本涼氏(福井県立大学)、趣旨説明がエディンバラ友の正木慶介さん(愛知県立大学)で、話題提供者に藤井崇氏(関西学院大学)と、友人知人がズラッと並んでいるので、行かないわけにはいきませんでした。なんといっても、会の世話人は同じくエディンバラ時代の知己の山本浩司さん(東京大学)です。そんなわけで、ちょっと覗いてみる程度のつもりだったのですが、行ってみたら超満員で、びっくりしました。大盛況で席が足りなくなっていましたが、これは嬉しい誤算というべきでしょう。

また、専門分野の多かった古代史部会よりも、同じ教室で午後に行われたシンポジウム「見えざる人びと」の探し方 ─庶民史構築のために─」の方が、個人的には強い印象を受けました。とりわけ江添氏の報告は、近頃考えている「旅人のアーカイブ」ともつながる話でした。

その他、会とは直接ないことで。初日の全体会開始前、平和祈念公園で非常勤先のE先生と遭遇し、お供をしながら平和祈念館を見てまわることに。思いもかけず、貴重なお話を伺うことができました。こういう話は、学部生にも是非とも聞いてほしいなぁ、と思うのは齢の所為でしょうか。また、初日の懇親会は少し早く抜け出して、珍友・樹氏(仮)と酒盃を傾けました。

19年ぶりの広島、感慨深い2日間でした。広島城に行けなかったのが心残りですが。

2018-05-17 大阪府高齢者大学校「世界史から学ぶ科」講義

5月22日更新

大阪法円坂大阪市教育会館というところに設けられている、大阪府高齢者大学校世界史から学ぶ科」で講義をしてきました。2時間の講義を2回担当することになっておりまして、今回はそのうちの初回でした。

リンクをクリックしてもらうとわかるのですが、歴史系の講座は、日本史圧倒的多数を占めます。私の講座がある「世界史から学ぶ科」で西洋史系が占める割合は少なく、また阪大系の方が多い講師陣中で、私は浮いている方ではないかと思います。私が喚ばれたのは、2016年4月に「海域アジア史研究会」で報告したのが縁ということで、世の中、何があるかわかりません。お声をかけていただいた同志社のM先生に、この場で御礼を申し上げます。

さて、名称が示す通り、対象となる受講生は高齢者の方が多数でした。しかしながら、普段の授業や演習での発表よりも、受講者の食いつきがはるかに良かった。最前列に席を取った方には

「昔、イランに(ご主人が)赴任していて、懐かしくて」

などという方もいらっしゃって、ビックリすること多数。院生時代、地図を幾度も見せたはずの他専攻の同僚から「ピンとこない!」といわれて憮然とすること限りなかった、昔のことを思い出してしまいました。そりゃ土地勘があれば、反応も変わってくるわけです。

「細かい話は、全体像を把握してもらった後の方が良い」

という旅仲間ゴローさんのアドバイスもあり、今回は総論でした。つまり、ギリシアローマの歴史を2時間でザッと概観するという、我ながらきわめて荒業をやってしまいました。八尾での授業後、旅仲間のまさこさんと鶴橋でご飯を食べながら、あれこれ反省会をするという次第。

終わり際の質疑応答の時間、ある受講者が

「どうしてユーラシアの東の方では、民主主義が発展しなかったのか」

と質問されて、

「その質問にお答えするには、残り時間があまりにも少なすぎるようです」

と回答するも、内心で冷や汗が滝のように流れておりました。次回は5/31(木)です。

2018-04-02 桃が池の花見

4月17日更新

ゲストハウス大阪の春の恒例イベント・桃が池の花見に、今年も参加してきました。

3月31日・4月1日の2日間にわたっておこなわれた花見の会ですが、今回は31日が古代史研究会の春季集会だったために、4月1日のみの参加です。といっても現地到着は31日だったので、現地泊となりました次第。昨年に比べて桜の開花が早かったため、散ってしまうことを危惧していましたが、幸いにして満開の桜の下での宴でした。夜はオレンジハウスでの2次会に参加、結局そのまま泊まることになり、夜が明けてから京都に戻ってきました。