虚構の皇国 blog このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017-05-12

【告知】まぼろしの「日本的家族」

23:42 | 【告知】まぼろしの「日本的家族」を含むブックマーク 【告知】まぼろしの「日本的家族」のブックマークコメント

PARC自由学校の連続講座のコーディネターをやっています。

現在、参加者募集中ですが、締め切り間近です。

講師陣が充実しているので、ぜひこの機会にどうぞ!


f:id:tadanorih:20170512234041j:image

■━━━━━━━━━━━━■

まぼろしの「日本的家族」

■━━━━━━━━━━━━■

 どうも最近、政治家が勝手な「家族」モデルをおしつけてくると思いませんか?

 2012年4月に自民党が発表した「日本国憲法改正草案」では、家庭生活における個人の尊厳と両性の平等を謳う第24条の改悪が大きな軸として掲げられています。さらにこの改憲機運をすすめるために、2015年に結成された「美しい日本の憲法をつくる国民の会」もまた、「戦後の憲法によって、日本の伝統的家族は破壊された」と訴え、「国民の共同体としての国家」「共同体としての家族」、ひいては「家族国家」の理念を復活させ、憲法に盛り込むことを主張しています。彼らのいう「家族」の理想像は「サザエさん一家であったり、「同じ屋根の下で家族みんなで食事をすること」などなどのようです。そうした日本の「伝統的家族」のすばらしさを取り戻し、家族を国家の基礎単位として位置づけるために、改憲が必要なのだと言うのです。しかし、そんな「家族」モデルを勝手に発明すんなよ!……と、思ってしまうわけですね。

 この講座では、安倍政権をはじめとする改憲潮流が想定する幻想的な「家族」像をさまざまな角度から検討し、どうしてそんなに「家族!」「家族!」と叫ぶのかについて、考えていきたいと思います。


●2017年6月〜11月

●原則として金曜日 19:00〜21:00

●全8回/定員30名

●受講料:28,000円


講師&コーディネーター:早川タダノリ(編集者)

国民統合の技術としての各種イデオロギーに関心を持ち、戦前・戦時の大衆雑誌や政府によるプロパガンダ類をはじめ、原発推進関連紙くず、現代の「日本スゴイ」本や保守系セクトの書籍・機関誌、コンビニ売りの恥ずかしいムックなどを蒐集。



6/2

おんなたちの「人生相談」

リアル「家」制度のすさまじさ

早川タダノリ(編集者)

戦前の旧民法下における「家」制度は、現代に生きる私たちにとっては遠い過去のものとなってしまったかのようですが、婦人雑誌の投書欄に残る当時の女性たちの人生相談を通じて、現在との違いと共通するものを読み解いていきます。


6/19(月)

「美しい日本」の「美しい家族」

右派の世界観のなかの「家族」

能川元一神戸学院大学ほか 非常勤講師

憲法24条改憲論など「家族」に関わる右派の主張と運動が、彼らの世界観のなかでどのように他の主張、運動と結びついているのかを明らかにしたいと思います。


7/14

「官製婚活」と家族像

斉藤正美富山大学 非常勤講師)

国や自治体が「少子化対策」や「一億総活躍」という名目で「婚活支援」政策(「官製婚活」)を行なっています。その「官製婚活」が、我々を一定の家族像に誘導するとは…?


8/4

「女性活躍」と家族

配偶者特別控除〉から見えるもの

竹信三恵子ジャーナリスト和光大学 教授)

女性管理職がオフィスでキラキラ輝くイメージをふりまく「女性活躍」政策の裏にある、女性の二重負担の強化作戦を配偶者控除問題から読み解きます。


9/8

誘導される家族像

親学」と「3世代同居税制」をつなぐもの

堀内京子朝日新聞社 記者)

憲法改正だけを気にしていて大丈夫?「親学」と「家庭教育支援法」、「3世代同居税制」と「夫婦控除」。4つのキーワードがどう関連しているのかお話ししたいと思います。


9/29

動員される母親たち

「家庭教育」の過去と現在

奥村典子聖徳大学児童学部児童学科 准教授)

戦時下に推し進められた母親の教化・組織化を目的とする家庭教育振興政策とは何であったのか。その特質を踏まえ、今日の「家庭教育」をめぐる施策の動向について考えます。


10/20

さまざまな「結婚」のかたち

法律婚・家族単一姓単国籍の枠組みを超えて

りむよんみ武蔵大学社会学部社会学科 准教授)※2017年4月より

在日コリアンと日本人の結婚家族は、名前と国籍の選択をめぐる制度上の制約に直面します。こうした「結婚」のかたちを通じて、逆に、日本人同士の結婚制度の不自由さが見えてきます。


11/10

憲法24条改悪と「家族」のゆくえ

角田由紀子(弁護士)

憲法改正問題は、9条だけではありません。9条改正と切り離せないのが24条であり、13条です。「家族」という一見親しみのあるテーマですが、それゆえになぜそれが改正の重要なテーマになるのかを知る必要があります。「家族」は、私たちの個人としての生き方とどのように関係があるのか、きちんと考えてみたいですね。

申込・詳細はこちらから

--------------------------------------------------

この他計19講座の情報はこちらから

●PARC自由学校とは

PARC自由学校は、世界と社会を知り、新たな価値観や活動を生み出すオルタナティブな学びの場です。1982年に開講して以降、アジア、アフリカ、中南米など世界の人びとの暮らしや社会運動を知るクラス、世界経済の実態や開発を考えるクラス、環境や暮らしのあり方を考えるクラスなど、毎年約20講座を開講しています。

私たちが生きている世界のこと、そしてその世界とつながっている日本社会のことを知りたい。より豊かな暮らし方や生き方のヒントが欲しい。自分らしさを表現するための技術を身につけたい。そんな人たちが出会い、学びあうのが自由学校です。

●受講を申し込みたい方は

ウェブサイトから、または電話・メール・FAXで必要事項をご記入の上、お申込みください。

●申し込み締切:2017年5月9日(火)必着

WEBサイトからのお申し込み

●パンフレットの請求

下記の請求フォームに記入の上送信下さい。(TEL、FAXでもご請求いただけます。)

●メール・FAXでのお申し込み

下記の情報をご記入のうえ、

office@parc-jp.org

FAX:03-5209-3453

までご連絡ください。

 ―記入事項― 

  1. お申し込みのクラス名

  2. お名前(ふりがなも)

  3. 性別、生年月日

  4. ご住所

  5. 電話番号、携帯番号、FAX番号

  6. Eメールアドレス

  7. その他連絡先(急な休講時のご連絡のため)

  8. 自由学校への参加は

   1. はじめて 2. 以前受講していた(年度、クラス名)

  9. PARCの会員ですか

   1. はい 2. いいえ

※PARC自由学校を初めて受講される方は、受講料の他に入学金10,000円が必要です。

一度PARC自由学校に入学登録された方は以降の年度での入学金は不要です。

入学金をお支払いいただいた方には毎年受講申し込み受付を開始した時期に

パンフレットの郵送やメールにてご案内いたします。

★PARC自由学校ではこんなこともできます! you can also・・・

・「越境受講」で他のクラスのいいとこどりができます。

「越境フリーチケット」で一回だけ他のクラスを無料受講できます!

 また、自分の登録していないクラスもその回の受講料を支払えば参加できます。

・欠席しても安心!音声と資料を後からダウンロードできます。

メーリングリストでお知らせを受け取ったり、交流に利用したりできます。

--------------------------------------------------

皆様のご参加、こころよりお待ち申し上げております。

<お申し込み・お問い合わせ>

特定非営利活動法人アジア太平洋資料センター PARC自由学校 

http://www.parc-jp.org

〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F

TEL:03-5209-3455 FAX:03-5209-3453  

E-mail:office@parc-jp.org

井上勇井上勇 2017/06/16 18:41 返歌 世界平和の…に因んで短歌一首です、

血を受けて血に競い合いその後は世界平和の虚構に競う

井上勇井上勇 2017/06/16 18:42 返歌 世界平和の虚構…に因んで短歌一首です、

血を受けて血に競い合いその後は世界平和の虚構に競う

ブリテン飯ブリテン飯 2017/06/21 17:34 ご無沙汰です。ブログへの書き込みを復活されたのですね。また見させていただきます。
 「日本スゴイのディストピア」は購入させていただきました。別名でAmazonへレビューも書き、評価の高いレビューの筆頭に置かれていたのですが、先ごろ、全レビューを消去されてしましました。ウヨッキーな売れっ子作家たちを、からかう書き込みを主に行ったせいのようです。

LL 2017/06/28 18:20  こんにちは。ブログ再開、嬉しいです。
 先日、「ヤスクニの闇へキャンドル行動」のサイトを見たら、早川さんの学習会の告知が!ううう、知っていたら絶対行ったのに…。こういう機会があったら、ぜひ教えて下さい。(パルクは敷居が高いです)

tadanorihtadanorih 2017/06/29 10:26 >ブリテン飯さま

ご購読をまことにありがとうございます!刊行から1年がすぎましたが、おかげさまでまだ売れているようです。Amazonレビュー、消されちゃうこともあるのですね。知りませんでした……。

>Lさま

了解です……といっても、人前で喋る機会などごくごくわずかなのですが、何か決まりましたらこちらで告知いたします。こんごともよろしくお願いいたします。

LL 2017/08/16 13:14  キャンドル行動に行って来ました。早川さんも来てないかしらとキョロキョロしましたよ。でも、ブースで早川さんの御本を「あの早川タダノリさんの」とか「とても面白い」と口上を述べながら売っていました。
 今年はいかなる都合と事情か右翼がとても少なく街宣車もほとんど見かけませんでした。例年は水道橋から靖国通りへの道の両側を街宣車とそれを抑え込むカマボコで計4重駐車、さらに右翼が車道に出て煽ったり突入を計り機動隊と揉み合う中をデモ隊が”ガントレット”状態で進み、海外メディアが”これは良い絵だ”と撮影するという地獄絵図でした。
 とはいえ、今年は右翼が解散点近傍に伏せており解散後に襲撃しようとしてちょっと嫌でしたね。右翼が帰りがけに水道橋への道で街宣車から脅すというのは近年よくあったのですが、人が伏せていたのは初めてかな。しょうがないので、飯田橋側の出版社が並ぶ裏道を通って駅に出ました。
 でも、反天連のデモと違って右翼やオマワリに殴る蹴る、弾圧を喰うわけではないので、1参加者としては怖くても危なくないお化け屋敷のようなものではあります。この辺りは主催の皆様の工夫と努力のおかげです。

時々拝見時々拝見 2017/09/16 19:06 益々のご活躍お慶び申し上げます。
公式?自画自賛本へのコメント、さすがです。
ニッポンスゲーの一方、ハワイの日系議員に寄せられたチキンレイシストからのバカ手紙に対する、自主奴隷どものバカコメントにもあきれるばかりです。

チつっこみキン、匿名の手紙でさえ、Iと書けずにWeと書くざまです。

2017-04-30

『AERA』2017年5月1日-8日号にコメントを寄せました

16:31 | 『AERA』2017年5月1日-8日号にコメントを寄せましたを含むブックマーク 『AERA』2017年5月1日-8日号にコメントを寄せましたのブックマークコメント

f:id:tadanorih:20170430162844j:image

特集は「右傾化する女たち」ですが、日本の「右傾化」全般を取り上げた内容になっています。

「やめられない「嘘」 とまらない「愛国」――ディストピア・ニッポンの四つの現場から」の記事に、経産省の公式「日本スゴイ」パンフと、国策に寄り添うアーティストたちについてコメントを寄せました。

毎日新聞にも経産省公式「日本スゴイ」パンフについてコメントしました

16:41 | 毎日新聞にも経産省公式「日本スゴイ」パンフについてコメントしましたを含むブックマーク 毎日新聞にも経産省公式「日本スゴイ」パンフについてコメントしましたのブックマークコメント

経産省の公式「日本スゴイ」パンフ=『世界が驚くニッポン!』については、毎日新聞2017年3月29日付東京夕刊「「クールジャパン」キャンペーンの旗振り役 「クール」じゃない!?経産省 自画自賛に内外から「?」」にもコメントを寄せました。

「ついに出た、『公式の日本スゴイ本』。あまりの無内容ぶりに最初は抱腹絶倒でしたね」「「どちらも『日本は注目されている』『世界が驚いている』といった無根拠な断言で始まる。パロディーかと思いました」などと言っております。

経産省の公式「日本スゴイ」パンフ=『世界が驚くニッポン!』はこちらの経産省公式サイトからPDF版をダウンロードできます。

宮本博美宮本博美 2017/05/01 15:45 ミサイル騒ぎで妄想しました。大日本防空婦人会を
結成して、吉永小百合さんに客寄せになってもらって
千人針の実演収集をしたらどうでしょう。仕上がった
千人針は乳児院に寄付しましょう。もちろん迷信で
あることは旗印に明示してです。

2017-03-27

月刊『法と民主主義』に「戦後天皇制と捏造「教育勅語」」を寄稿しました。

20:18 | 月刊『法と民主主義』に「戦後天皇制と捏造「教育勅語」」を寄稿しました。を含むブックマーク 月刊『法と民主主義』に「戦後天皇制と捏造「教育勅語」」を寄稿しました。のブックマークコメント

 月刊『法と民主主義』2017年2-3月号の特集は「象徴天皇制をめぐる今日の議論」。こちらに「戦後天皇制と捏造「教育勅語」――森友学園事件と「愛国者」たちの欺瞞」を寄稿しました。稲田朋美の「教育勅語」評価にでてきた「道義国家」概念の源流をたどり、奇怪な「現代語訳教育勅語」を駆使する「愛国者」たちを観察しています。

 同誌には、『自衛隊よ、夫を返せ』『靖国の戦後史』『大逆事件 死と生の群像』の田中伸尚さん、『侵略神社――靖国思想を考えるために』の辻子実さんらが寄稿なさっています。

 

f:id:tadanorih:20170327201547j:image


靖国の戦後史 (岩波新書 新赤版 (788))

靖国の戦後史 (岩波新書 新赤版 (788))

大逆事件――死と生の群像

大逆事件――死と生の群像

侵略神社―靖国思想を考えるために

侵略神社―靖国思想を考えるために

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tadanorih/20170327

2017-03-25

週刊プレイボーイにコメントを寄せました。

08:39 | 週刊プレイボーイにコメントを寄せました。を含むブックマーク 週刊プレイボーイにコメントを寄せました。のブックマークコメント

 週刊プレイボーイ2017年4月3日号の特集「日本の教育が狂い始めた」に教育勅語と稲田発言についてコメントを寄せました。ネットではこちらから読むことができます。

 稲田朋美の「教育勅語」評価にでてきた「道義国家」概念は「教育勅語」の中にはなく、国民道徳協会による「現代語訳」に依拠しているからではないかと話しました。もちろん彼女のバックボーンにある谷口雅春イズムにもそのタームはありますから、複合的なものではあるのですが。

 戦前もそうでしたが、教育勅語は天皇の名をふりかざして他人にマウンティングするための便利なツールとして活用されてきました。天皇を頂点とするピラミッドのより高い方へ自分を位置づけ、下の者を支配するためのものでした。だから、現代語訳なんていうねつ造に近いもので「教育勅語」の内容を変えてしまっても平気なんでしょうね。




f:id:tadanorih:20170325083405j:image

時々拝見時々拝見 2017/04/09 11:51  文筆家としてのご活躍、応援申し上げます。
 どっちかというと、小泉内閣あたりから、日本の教育狂い咲きですね。
 イデオロギー抜きにしても、目先の金に目がない変態売国教育(略してABE)によって、科学貧国日本になるようです。

tadanorihtadanorih 2017/04/09 22:57 いつもコメントありがとうございます! 「変態売国教育」w

時々拝見時々拝見 2017/04/11 22:34  こちらこそ、毎度、蒙を啓かせていただきありがとうございます。
 元は、正常でない裏切者の教育、だったんですが、英訳して、日本語に戻すと、ネット的な表現になります。ちょーっと変じゃないの?今の教育って言いたいだけなんですけど。

2017-03-23

【告知】塚田穂高編『徹底検証 日本の右傾化』(筑摩書房、2017年)に寄稿しました。

09:51 | 【告知】塚田穂高編『徹底検証 日本の右傾化』(筑摩書房、2017年)に寄稿しました。を含むブックマーク 【告知】塚田穂高編『徹底検証 日本の右傾化』(筑摩書房、2017年)に寄稿しました。のブックマークコメント

かなり濃厚な執筆陣による「日本の右傾化」検証の書です。

わたくしは「「日本スゴイ」という国民の物語」を寄稿しました。

おすすめの一冊です。ぜひ御覧下さい。

「ブックガイド」に私が編集した本が3冊入っていてちょっとびっくりw


かつて戸坂潤は『日本イデオロギー論』 でこのように書いた。

日本主義・東洋主義乃至アジア主義・其他々々と呼ばれる取り止めのない一つの感情のようなものが、現在の日本の生活を支配しているように見える」。――満洲事変を契機にはじまった「日本主義」の大洪水のただ中で、戸坂はその特質を右のように喝破したのである。

二十一世紀の現在、ふたたびこの「取り止めのない一つの感情のようなもの」が日本の大衆メディアに蔓延している。それが「日本スゴイ」なのである。

このイデオロギーを正確に規定するのはその「取り止め」なさゆえに非常に困難である。ここでは「日本スゴイ」を便宜的に「日本」や「日本人」が、歴史的・文化的あるいは道徳的なすばらしい特性を持っていて、世界的に優れたものだと賞賛してみせる意識商品としておこう。 今やこれらは書籍、雑誌、ムックからテレビ、ラジオの番組や官製キャンペーン、さらに人材育成セミナーや各種文化講座をその媒体として広がっている。……(早川タダノリ)


徹底検証 日本の右傾化 (筑摩選書)

徹底検証 日本の右傾化 (筑摩選書)


◎いま、もっとも包括的な、現代日本の「右傾化」研究の書!

何が、どこまで、進んでいるのか――

ヘイトスピーチ改憲潮流、日本会議など、「右傾化」とみなされる事例には事欠かない。

ならば日本社会は、全般的に「右傾化」が進んでいると言えるのか?

その全体像を明らかにすべく、研究者・ジャーナリスト・新聞記者・編集者ら第一級の書き手21人が総力を上げて検証。

「壊れる社会」「政治と市民」「国家と教育」「家族と女性」「言論と報道」「蠢動する宗教」の全6部において、

それぞれ実態を明らかにしていく。

「日本の右傾化」を考えるためのブックガイド、関連年表も付した、圧巻の400頁!



〔目次〕

はじめに

第I部 壊れる社会――新自由主義レイシズム、へイトスピーチ

第1章 罪深く恥ずかしい「サロゲート」に沈み込む前に 斎藤貴男(ジャーナリスト)

第2章 在日コリアンへのレイシズムとインターネット 高史明(社会心理学者)

第3章 ヘイトスピーチ、極右政治家、日本会議――特報部の現場から 佐藤圭(東京新聞記者)

第II部 政治と市民――右傾化はどこで起こっているのか

第4章 排外主義とへイトスピーチ 樋口直人(社会学者)

第5章 自民党の右傾化――その原因を分析する 中北浩爾(政治学者)

第6章 有権者の「右傾化」を検証する 竹中佳彦(政治学者)

第III部 国家と教育――強まる統制、侵蝕される個人

第7章 〈震災後〉の日本におけるネオナショナリズム マーク・R・マリンズ(宗教社会学者)

第8章 教育基本法「改定」とその後 大内裕和(教育社会学者)

第9章 国に都合のいい子、親、教師をつくる教育政策 杉原里美(朝日新聞記者)

第IV部 家族と女性――上からの押し付け、連動する草の根

第10章 重要条文・憲法二四条はなぜ狙われるのか 清末愛砂(家族法憲法学者)

第11章 結婚、家族をめぐる保守の動き 斉藤正美(社会学者)

第12章 税制で誘導される「家族の絆」 堀内京子(朝日新聞記者)

第V部 言論と報道――自己賛美と憎悪の連鎖に向き合う

第13章 「日本スゴイ」という国民の物語 早川タダノリ(編集者)

第14章 “歴史戦の決戦兵器"、「WGIP」論の現在 能川元一(哲学研究者)

第15章 狙われ続ける「慰安婦報道」 北野隆一(朝日新聞編集委員)

第16章 暴走する権力と言論の自由――シリーズ「時代の正体」の現場から 田崎基(神奈川新聞記者)

第VI部 蠢動する宗教――見えにくい実態、問われる政治への関与

第17章 神道政治連盟の目指すものとその歴史――戦後の国体論的な神道の流れ 島薗進(宗教学者)

第18章 創価学会公明党の自民党「内棲」化 藤田庄市(ジャーナリスト)

第19章 統一教会=勝共連合――その右派運動の歴史と現在 鈴木エイト(ジャーナリスト)

第20章 幸福の科学=幸福実現党――その右傾化、保守運動との齟齬 藤倉善郎(ジャーナリスト)

第21章 「宗教の右傾化」はどこにあるのか――現代日本「宗教」の類型的把握から 塚田穂高(宗教社会学者)

おわりに 塚田穂高

あとがき

「日本の右傾化」を考えるためのブックガイド

「日本の右傾化」関連年表

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tadanorih/20170323