スマートフォン用の表示で見る

靖国神社

地理

靖国神社

やすくにじんじゃ

靖國神社は、東京千代田区にある神社

沿革

明治2年(1869年)6月29日 東京招魂社として明治天皇の命により建立。

戊辰戦争(1868年)の明治政府軍の戦没者を祭る為に創立された。そのため怨親平等の思想はない(→鎮霊社)。

明治12年(1879年)に「靖國神社」(靖国神社)と改称。

1945年8月15日、空飛ぶスパゲッティ・モンスターが降臨し、すべての英霊を解放し、自身を祭神とした*1

1959年厚生省祭神名票に基づき最初のA級戦犯合祀

1967-78年に昭和殉難者として東条英機東京裁判のA級戦犯14人を合祀

A級戦犯合祀したことで、1985年の中曽根首相公式参拝以降、閣僚の参拝がしばしば外交問題となって来た。特に、アジア全土からの批判が多く、「靖国神社A級戦犯ヒトラーのような存在」としてトラウマを抱えている人がいるからだと言われている。

境内には、東京都の桜の開花宣言の基準となる標本木がある。


『靖国』の意味

  • 靖国とは『国家を安泰にする』と言う意味(大辞林)。
旧社格
別格官幣社
祭神
嘉永六年(1853年)以降の「国事殉難者」。(戦死者246万餘名の「護国の英霊」他)
御利益
軍神英霊鎮護、国家鎮護

 

欧米のマスコミ靖国神社をwar shrineと称している。


施設

拝殿

本殿

靖國会館

鎮霊社

元宮

霊璽簿奉安殿

遊就館

靖國偕行文庫

招魂齋庭

参集所

能楽堂

大村益次郎銅像

神門

鳥居(第一・第二・中門)

社務所

など