ひたちなか海浜鉄道

ひたちなか海浜鉄道

(地理)
ひたちなかかいひんてつどう

ひたちなか海浜鉄道株式会社は、茨城県ひたちなか市勝田駅阿字ヶ浦駅間 14.3km を結ぶ鉄道路線を運営する第三セクター鉄道会社。
茨城交通湊線が、ひたちなか市茨城交通の共同出資による第三セクターによる経営移行に伴い、2008年(平成20年)に誕生した。
2008年(平成20年)4月1日から鉄道事業が移管された。
沿線の那珂湊周辺の交通確保の他、阿字ヶ浦海岸の海水浴などの利用に活用できる。
所属車輌は旧国鉄キハ20系と同一設計の車輌が多数存在しており、昭和30年代前半の昭和レトロの雰囲気を存分に味わう事が可能である。

主要株主

ひたちなか市 50.56%
茨城交通 49.44%

ネットの話題: ひたちなか海浜鉄道

人気

新着

新着ブログ: ひたちなか海浜鉄道