アピオス

アピオス

(動植物)
あぴおす

学名:Apios americana

アピオス(アメリカホドイモ)

 マメ科のつる性、多年草。


 原産地:北アメリカ、北西部。
 日本に自生しているホドイモに似ている。


 葛の花に似た花を6月〜8月に咲かせるが種は作らない。
 地下茎を伸ばし、節々に3cm前後のラグビーボール形状の小さな肥大部を作り、芋を形成する。芋の色は褐色。


 芋にはカルシウム、鉄、ナトリウムなどのミネラル、ビタミンC、ビタミンEといったビタミン群が含まれ、食物繊維も豊富。
 昔、青森では娘さんが農家に嫁に行くとき、母親がこの芋を娘に持たせてやり、「この芋を庭の垣根のそばに植えておくように、そして妊娠、授乳と体力が衰えたようなときに、掘り出して食べるように」と教えたのだという。


 現在は千葉県大多喜町、青森県、秋田県、長野県、高知県などで特産品として栽培されている。


 蒸す、焼く、ゆでる、揚げるなど調理は自在。
 皮の方が栄養価は高いので皮を剥かずに食すのがよい。
 但し、食べ過ぎには注意。1日に〜3個が目安。
 また、花はハーブ・ティーに。


関連語 :植物

新着ブログ: アピオス