カール・ゴッチ

カール・ゴッチ

(スポーツ)
かーるごっち

Karl Gotch
プロレスラー。通称「プロレスの神様」。
本名:カール・イスタス。(Karel Istaz)
リングネームの「ゴッチ」はフランク・ゴッチにあやかって付けられた。
1924年8月3日生まれ。ベルギー・アントワープ出身。一説には西ドイツ・ハンブルク出身。
188cm、110kg。
16歳でドイツに鉄道工夫として赴く傍らアマレス全ドイツ・ヘビー級王座を獲得。
17歳の時、事故で左手の小指を失い、第二次世界大戦当時は二回もナチスに逮捕され、強制収容所に送られる。

戦後、6年連続でベルギーのレスリング国内王者(フリー&グレコ、1945−50)。
1948年のロンドン五輪にベルギー代表として出場。
その後、1951年ごろから、イギリスのビリー・ライレージム(蛇の穴)で修行。欧州各国で試合をした。

1959年カール・クラウザーの名で渡米。一躍トップレスラーの仲間入り。「原爆固め」で相手レスラーをねじ伏せていった。
1961年に初来日。翌年、AWA世界ヘビー級王座獲得。
1966年にエース外人として日本プロレスに登場。通称「ゴッチ教室」を始める。
1968年から1969年にかけて日本に滞在し、コーチとして日本プロレスの若手を指導。
1971年、国際プロレスに登場。帰国後、ピエール・エマリンの名でWWWFに進出。レネ・グレイと組んでWWWF世界タッグ王座を獲得。
翌年、新日本プロレスの「旗揚げオープニング・シリーズ」でアントニオ猪木に勝利。
新日黎明期のブッカーとして多くの外人レスラーを来日させ、新日からは「プロレスの神様」と称えられた。
日本人選手の愛弟子も多く、猪木、ヒロ・マツダ、藤波辰巳、木戸修、藤原喜明、前田日明、船木誠勝など彼を尊敬する選手は数え切れない。旧UWF、第二次UWF、藤原組の最高顧問を務めた。
2006年、無我ワールド・プロレスリングの名誉顧問就任。
2007年7月29日逝去。


リスト::プロレスラー

ネットの話題: カール・ゴッチ

人気

新着

新着ブログ: カール・ゴッチ