Hatena Blog Tags

マザー・テレサ

(社会)
まざあてれさ

Mother Teresa
カトリック聖職者(1910〜1997)。
インドコルカタカルカッタ)の貧困地帯に住み、宗教にこだわらず、苦しむ人、見捨てられている人のために、献身的に奉仕した人として知られている。
なお、「マザー」は修道女に対して付ける敬称(ミスター・ドクター・ミセスなどと同様)。
1910年8月26日、オスマン帝国領コソヴォ、ウシュクブ(現在のマケドニア共和国、スコピエ)のアルバニア人家庭に生まれる。本名はアグネス・ゴンジャ・ボヤジウ。
1928年、ロレト修道女会に入会。
1929年〜1947年、コルカタの聖マリア学院で地理や歴史を教える。1944年からは校長を兼任。
1948年、ローマ法王庁の許可を得て修道院を離れ、コルカタの貧困地帯に起居し慈善活動を行う。
1950年、ローマ法王庁の許可を得て「神の愛の宣教者会」を設立。
1979年、ノーベル平和賞を受賞。
1997年9月5日、死去。
2003年、ローマ法王庁により、福者の列に加えられる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

人類史上最高の予知能力者ババ・ヴァンガの2020年予言: コロナパンデミックと私の郷邑ストルミツァからマケドニアは新たな聖人が恵与される / 北マケドニア代表 聖ゴラン・パンデフ ババ・ヴァンガ ストルミツァ ユーゴスラビア マケドニア ファイロム 欧州選手権 2020 マケドニア社会民主同盟内部マケドニア革命組織・マケドニア国家統一民主党 統合のための民主連合 国家の英雄 歴史的勝利 アレクサンドロス大王 マザー・テレサ ダルコ・パンチェフ

破釜沈船 'マケドニアは新たな聖人を得た - 聖ゴラン・パンデフ' 昨夜、複雑で屹屹した国家である北マケドニア代表が、独立後、初めて大きな国家間の競争を突破した。大衆は1人の名前を欷泣して共鳴させた - その名前はゴラン・パンデフ。 マケドニアの伝説的な主将は - 欧州チャンピオンズリーグの優勝や現在アペニン半島、イタリアの歴史上で外国籍選手での通算最多出場数は歴代3位の出場数等の彼の壮麗なキャリアに終止符を打つことを表明して春に37歳になった - 独立後、初めて待望の国家の主要な軍馬いくさばを身命を賭として戦いの最後とする。 パンデフは何年もの間マケドニアを慰撫し先導してきた - 彼の名を持…