レバ刺し

()
ればさし

レバーの刺身のこと。焼肉店で提供される人気メニューのひとつだったが、2012年7月1日から飲食店での提供が禁止される。

牛・豚・鶏などの肝臓を使用するが、一般的には牛の肝臓をさす。魚類の刺身と同じように、醤油・塩・ゴマ油・生姜・ニンニク・ネギなどの調味料をつけて食べる。

提供自粛要請から提供禁止へ

2012年5月の「焼肉酒家えびす集団食中毒事件」を機に、厚生労働省が生食用牛肉に関する飲食店の衛生基準を改正。その過程で、事件で問題となったユッケと共に「生食」である生レバーの提供が問題視され、飲食店への提供の自粛要請となった。

その後、厚生労働省により正式に、2012年7月1日から牛の生レバーの飲食店での提供が禁止となった。殺菌方法が確立されれば、解除も検討するとしている。

厚生労働省のサイトでは、なぜ生レバーを禁止としたのかや、予防策として検討した方法などをQ&Aとして公開している。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ