一条天皇

一条天皇

(社会)
いちじょうてんのう

平安時代中期の天皇。
皇后定子が病没すると藤原道長の意により中宮彰子を立后した。これ以降は一人の天皇が二人以上の皇后を立后させることもあった。

新着ブログ: 一条天皇