Hatena Blog Tags

光源氏

(読書)
ひかるげんじ

源氏物語の主人公。光君。源氏の君。源氏の大将。
桐壺帝の第二皇子。母は桐壺の更衣(こうい)。
桐壺帝の寵愛を一身に受けるも、母親の身分が低いため皇太子にはなれず臣籍降下し源氏を賜る。
が、臣下となったことにより身が楽になり奔放な恋愛ができたと言える。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

自伝文学及び源氏物語枕のそうし

日本文学は平安時代の世界最高の小説、むかしではなくいずれのオン時にか、で始まる回想隊に源氏物語やいきなりおもしろきもので始まる評論百科事典的枕草子であって、藤原時代、皇太子である光源氏と高級な貴族の娘である枕草子によって非常に雅であった。藤原氏は官位は独占したものの天皇を立てていて摂関であったし、戦乱もない、たまに妖がある以来平和であって、貴族が雅であれは庶民も豊か。。。ちょうど江戸時代によく似ていた。日本人は特に中の大上の王子、聖徳太子、天武天皇、推古天皇、神武天皇、などを好むようであるがこれらの時代雄略天皇が実在する神武のモデルでってこれを天智天皇天武天皇コンビが大和大王国から日本君が代と…