光明皇后

光明皇后

(一般)
こうみょうこうごう

光明皇后(こうみょうこうごう)(701〜760)
藤原不比等(ふじわらのふひと)の娘で、聖武天皇の皇后。仏教に深く帰依し、東大寺、国分寺、国分尼寺の建立を天皇に進言すると共に、悲田院や施薬院を設置して、貧しい人々や病人の救済を行った。→光明子

新着ブログ: 光明皇后