埼玉スタジアム2002

(スポーツ)
さいたますたじあむにーまるまるに

さいたま市緑区にある日本最大のサッカー専用スタジアム。「埼スタ」「埼玉スタジアム」「さいたまスタジアム」*1とも。観客収容数は63,700人。
2002年FIFAワールドカップの会場として建設され、日本VSベルギー戦及び準決勝などが行われた。
2004年より浦和レッドダイヤモンズのホームスタジアムに追加登録されている。
サッカー専用スタジアムを好んだジーコ日本代表監督(当時)の意向で、2006年FIFAワールドカップ・アジア地区予選では日本代表のホームスタジアムとして使用されるなど、日本サッカーの新たな聖地になりつつある。
全国高等学校サッカー選手権大会の会場となっている他、2003年から2010年までは高円宮杯全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会の決勝会場として使用され、2011年からは高円宮杯U-18サッカーリーグ チャンピオンシップの会場にもなっている。
3つあるサブグラウンドでも、各年代の試合に利用されている。

*1:所在地にちなむ

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ