幽霊

(音楽)
ゆうれい

シャルル・トレネ作曲のシャンソン。
訳詞は高野圭吾が高関潤子に書いたもの。

幽霊

幽霊

幽霊

(一般)
ゆうれい
  1. 死者の霊。亡魂。
    死者が成仏(じょうぶつ)できないでこの世に現すという姿。おばけ。

    その存在は証明不可能である(見た、という証言しか残らないケースがほとんど)。
    しかしながら、いまだに多くの人々にその存在が信じられている。
    「死」は「無」への根本的な回帰である、ということは多くの人間にとっては恐怖の対象であるから、その恐怖から逃れるため、死んだあとに無に還らずに「霊魂」として残ると考えることで、恐怖を断ち切っている節がある。
  2. 実態がないものを例える接頭辞。「幽霊部員」・「幽霊会社」など。
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ