所得税法

(社会)
しょとくぜいほう

日本の法律

(昭和四十年三月三十一日法律第三十三号)
所得税について定めた法律

所得税法(昭和二十二年法律第二十七号)の全部を改正する。
(中略)

  第一編 総則
   第一章 通則

趣旨

第一条
この法律は、所得税について、納税義務者、課税所得の範囲、税額の計算の方法、申告、納付及び還付の手続、源泉徴収に関する事項並びにその納税義務の適正な履行を確保するため必要な事項を定めるものとする。


以下、略

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ